7月25日生まれのあなたへ:366日の誕生日カード

誕生日カード:神戸の筆文字教室・年賀状講座 366日の誕生日カード

感情が
現実をつくる

 

 

宝くじの一等に当選するようなめったにないことで、あなたが「こうなったらいいなぁ♪」と思うことって何だろう?

 

それが起こったら、どんなにうれしい?

それが起こったら、まず何をする?

そんな自分なら、周りの人たちにどう接する?

 

 

では、質問を変えて・・・

 

それが今すぐここで起こったら、困ることは何?

それが起こったら、捨てなければいけないもの・事は何?

それが起こったら、負わなければいけない責任やリスクは何?

 

 

前半(叶った状態)3つ、後半(叶っていない状態)3つの問いに答えてみて、どちらのほうが感情が動いただろう?どちらのほうが感情をリアルに感じただろう?

 

動いた感情が大きいほうが、今の現実となっているはず。

 

もしくは「ドキッ」「グサッ」「うぅ・・・」と痛みを感じたほうが、今叶っていない状態となっているはず。

 

 

でも、もし今の自分には無理だとしても「こうなったらいいなぁ♪」と思うことがあるなら、先に感情を整えることで、現実展開を変えることができる。

 

なぜなら、今この現実がその後の現実を創るのではなく、今この瞬間の感情が今ここからの現実を創るのだから。

 

 

追伸1:

本日はこちらのカードを読み解き。

魔法の質問カード

創、翔、食:「嵐の桜井翔くんが創った料理を食べたい」ってどういうこと?からの読み解き。(今日の漢字見たらそんなイメージになった^^;)

 

 

追伸2:

赤い車を買おうと思ったら、急に赤い車を見ることが増えるというように、人間は意識していることを常に見るようになっている。(意識しているとは、意識している自覚がある・ないに関わらず)

 

良いところを意識するクセのある人=良いところを探すクセのある人は、何を見ても誰を見ても良いところを探すようになっているし、それは他人に対してだけでなく、自分に対しても同じようにしている。

 

逆に、悪いところを意識するクセのある人=悪いところを探すクセのある人は、何を見ても誰を見ても悪いところを探すようになっているし、それは他人に対してだけでなく、自分に対しても同じようにしている。

 

 

引き寄せの法則でも言われるように、良い気分でいれば良い現実が表れ、悪い気分でいれば悪い現実が表れるというのは、私は本当だと思う。

 

ただ、良い・悪いという基準は人によって違うため、自分がどう感じているかによって、目の前の現実が良いのか悪いのかが変わってくるとも思う。

 

第三者から見たら「それめっちゃ良い事やん!」と思ったとしても、当人が「いや最悪!」と思っていれば、その人にとっては最悪な現実でしかない訳だし、逆に周りから見たら「それってどうよ!?」と思うことであっても、当人が「いぇーい!サイコー♪」と思っていれば、その人にとっては最高な現実になっている訳だから。

 

 

最初にも書いた、赤い車を買おうと思ったら急に赤い車を見ることが増えるというように、人間は意識していることを常に見るようになっている。

 

毎日を良い気分で過ごすと決めたらよい気分になることを目撃するようになるし、特に何も決めなければ、これまでどおりの毎日となっていく。(これまでどおりの毎日は、もちろん人によって内容は違う)

 

今の現実がどうであっても、気分の選択ひとつで現実を変えられるとしたら、あなたは毎日を良い気分で過ごす、悪い気分で過ごすのどちらを選ぶ?

 

 

追伸3:

じゃぁ、気分(感情)を整えるってどうすればいいのか?

 

それは、一日五分でも目を閉じる時間を持つこと。瞑想もそうだね。

 

目を閉じて、まずは自分の感情の動きを俯瞰すると=一つ上の視点で眺めてみると、良い気分を選択しているのか、悪い気分を選択しているのかの現状が分かるようになるよ。

タイトルとURLをコピーしました