7月7日生まれのあなたへ:366日の誕生日カード

誕生日カード:神戸の筆文字教室・年賀状講座 366日の誕生日カード

魂と
再会しよう

 

 

心は人生創造の受け皿。

魂が人生創造する本体。

魂の器である心は、自分の外側の世界と内側の世界をつなぐ位置付けにある。

 

 

とするなら…

 

心という器を盾に、外側からの防御をしようとすればするほど(あの人がこんなこと言ってきたから仕返しするとか、何で自分ばっかりこんな目に合うの?などで応戦すればするほど)、その部分が硬くなったり(意地を張ったり頑固になったり)、外側からの力が強い場合はその部分が凹んだり穴が開いたり(不本意ながらもいつも相手に譲ったり、傷つけられたり)もする。

 

そんな心を守るためだけに日常生活を送っていると、それだけで一日が終わってしまい、毎日がエネルギー切れの状態。

 

魂の望みを実現する日は、どんどん遠のいていくことになる。

 

 

自分らしくありのまま生きるとは、いついかなるときも泉のように内側から湧き続ける魂の声を聞き、それを行動に移していくこと。

 

心の外側である周りの言動や、内側である自分の魂の声の圧によっていかようにも形を変えられる、心という器の声を聞くことではないんだ。

 

 

あなたはまだ気づいていないかもしれないけれど、内側から常に静かに湧いてくる「こうなったらいいな」という魂の望みはすでに誰にもある。

 

もし今、「こんなことしている場合じゃない…」とか「何やってるんだろ、私…」と思うことがあるなら、魂の望みを実現することにスタンバイOKの状態。

 

だから、一日五分でもいいので目を閉じて自分の内側に意識を向け、魂の声を聞く時間を持とう。

 

そして自分の魂と再会しよう。

 

すべてはそこからはじまるよ。

 

 

追伸1:

本日はこちらのカードを読み解き。

魔法の質問カード

 

 

追伸2:

花はこちらを。

花

 

 

追伸3:

心の声を聞くことがダメな訳ではないので、念のため。

 

心は内側や外側の圧によって形を変えることが可能なため、自分はどういうことに影響受けやすいかに気づくことができる。

 

また今現在、自分の魂の望みを実現することと、周りの望みを叶えることのどちらを優先しているかにも気づくことができる。

 

つまり、心の声は現在の状態、現在地を教えてくれるもの。

 

もし心の声のみに従っていると、今現在のスキルや物・事・環境を基準に従うため、そこで最大限の力を発揮できたとしても、それは今の自分が考え得る範囲での行動であり成果となる。

 

 

一方、魂の声は自分らしく生きていく、最善の未来への道を示してくれるもの。

 

そんな魂の声に従うと、今現在の自分の力量や置かれた環境は一切関係なく道がひらかれていく。そして、当時の自分では手に入れることは無理だと思っていた成果を、自分にとっても周りの人にとってもベストな状態で手に入れられるようになる。

 

道を分けたのは、魂の声を信じて行動したか否かだけ。

 

つまり、自分を信じたか否かだけ。

 

 

魂の声に従うということは、自分を信じるということ。

 

だからこれからは自分を信じて、自分の魂の声を信じて、行動するか否かを決めよう。

 

そのためにも、まずは一日五分でも時間を取って自分との信頼関係を築き直し、魂と再会することからはじめよう。

タイトルとURLをコピーしました