【実験結果】水による筆ペンインキのにじみ実験

水濡れ直後の状態(拡大) 筆文字のこと

 

顔料インキ筆ペンの耐水性を独自に調べてみました。

 

素材は長封筒とハガキの2種類。

水濡れ直後、1時間後、2時間後、24時間後の4パターンの結果を載せています。

 

調査方法

長封筒を水に濡らした状態

 

このように水道水を直接流し、長封筒またはハガキ全体を水浸しにしました。

 

水がポタポタ垂れる状態から実験開始です。

 

長封筒

水濡れ直後

水濡れ直後の状態

 

 

水濡れ直後の状態(拡大)

文字のアップ

 

封筒はビタビタに濡れていますが、文字はにじんでいません。

 

1時間後

1時間後の状態

 

 

1時間後の状態(拡大)

文字のアップ

 

封筒のビタビタ度はあまり変わりませんが、文字はにじんでいません。

 

2時間後

2時間後の状態

 

 

2時間後の状態(拡大)

文字のアップ

 

封筒が少し乾いてきました。文字は相変わらずにじんでいません。

 

24時間後

24時間後の状態

 

 

24時間後の状態(拡大)

文字のアップ

 

封筒は乾燥しました。文字はにじんでいません。

 

ハガキ

水濡れ直後

水濡れ直後の状態

 

 

水濡れ直後の状態(拡大)

文字のアップ

 

ハガキはビタビタに濡れていますが、文字はにじんでいません。

 

1時間後

1時間後の状態

 

 

1時間後の状態(拡大)

文字のアップ

 

ハガキはまだ濡れていますが、文字はにじんでいません。

 

2時間後

2時間後の状態

 

 

2時間後の状態(拡大)

文字のアップ

 

内部は若干水分が残っているかもですが、ハガキを触った印象では乾燥していました。

文字はにじんでいません。

 

24時間後

24時間後の状態

 

 

24時間後の状態(拡大)

文字のアップ

 

ハガキは乾燥し、文字もにじんでいません。

 

まとめ

筆ペンの顔料インキは乾くと水に流れないとのこと。

 

雨に濡れた場合、どの程度の耐水性があるかを調べたくて今回実験してみました。

 

参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました