No.55:【後編】引き寄せ的に、向こうから来てくれたらいいと思いませんか?

花 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

暖かくなったり、暑くなったり、涼しかったりと気温のアップダウンが激しい今日この頃、道を歩いていても花や緑の香りが日ごとに変わり、五感を大いに楽しませてくれていますね。

 

散歩が快適な季節です^^

 

それでは、今日は『自分が発信したものと同じものを引き寄せる』という引き寄せの法則と同じ考え方で、その情報を必要とする人【だけ】が、向こうから来てくれるにはどうしたらいいか?について書いていきたいと思います。

 

今日の内容は、ネットワークビジネスの商品や仕組みはいいと思うけど、友達に伝えることは「うーーーん・・・」と思っている人向けですが、好きを仕事にする場合でも考え方は同じです。

 

「とりあえず友人知人に当たろう」という当たって砕ける方式でもなく、「気合いだ!」の根性論でもなく。その情報を必要とする人【だけ】が向こうから来てくれるという、私が筆文字講座を通じて実践してきた、心にも体にもやさしい方法を書いていきます。

 

ちなみに、ネットワークビジネスのアップライン(ビジネスを伝えてくれた人)や、いわゆる成功者の方法を抵抗なく実践できる人向けではないことは、予めお断りしておきたいと思います。伝えることに抵抗ない人は、スルーしてください。

 

 

図のほうが分かりやすいと思ったので、イラストも普段の字も苦手だけど手描きしてみました。

 

普段の字にコンプレックスある私なので、今回アップするのにかなり躊躇しましたが、中2姪っ子の「私、こんな字好き」という声に「まじで!?」と背中を押されたので、思い切っていきます 笑

 

まず、従来の方法はこんな感じだと思います。

 

伝える

 

「○○(ネットワークビジネス会社名入る)って知ってる?」からはじまり、いろいろ話して「会わせたい人がいるの」と。

 

 

本来はこちらなんだけど、

 

伝える

 

「会わせたい人がいるの」というパターンが多いと思います。(ダイレクトにそう言わなくても、自然に会わせるセッティングがされているとか^^;)

 

ちなみに、ネットワークビジネス賛成派の私でもこれは苦手・・・

 

あなたから話を聞きたいのであって、全然知らない人の話を聞きたい訳ではない・・・ってまぁまぁ冷めます^^;

 

 

もう一度整理すると、従来型がこちらです。

 

伝える

 

 

次に、ネットワークビジネスであれ好きを仕事にするのであれ、その情報を必要とする人【だけ】が向こうから来てくれる引き寄せ型がこちら。

 

伝える

 

違い、分かります?

 

 

『発信』がポイントです。(左上&右上参照)

 

 

インターネットやSNSもない黒電話時代には難しかったひとつが、この『発信』。

 

当時の発信といえば、テレビやラジオ、新聞などのマスメディアに情報を載せることで、それは資金力のある大手企業にしかできないことでした。

 

そんな時代は、ネットワークビジネスを友人・知人に伝えるには、電話でアポ取って、当日会って、説明して「どう?」って答え聞いて・・・という能動的な流れ(自分から動く)しかなかった訳ですが・・・ ←だいぶ端折って書いてます^^;

 

逆に言うと、インターネットがないからこそ友人・知人側も事前にネットで調べることもできず、だからこそ、ネットワークビジネスの先入観なく話を聞いてくれることも可能でした。(それでも悪い噂はクチコミで広まってましたけどね^^;)

 

でも今は、同じやり方をした場合、だいたい事前にネットで評判などを調べると思います。

 

本当はそんな会社じゃないし違法な仕組みでもまったくないのに、イヤな思いをした人が書いたブログなどもあり、それは誰でも見れる状態なので、自分は知らなくても周りの人がご丁寧に教えてくれたりします。

 

その状態だと、自ら火の中に飛び込むようだと私は思ったのですね^^;

 

それでもやる人はやります。

そこは素直に尊敬。

 

でも私はムリ・・・。

ムリって言葉、あんまり使いたくないけど、これはやっぱり私ムリ 笑。

 

もし私と同じように思っているなら、このように自ら火の中に飛び込むのではなく、自分はここに居ながら、その情報を必要とする人【だけ】が向こうから来てくれたらいいと思いませんか?

 

伝える

 

そのためにこそ、『発信』が必要になるのです。

 

 

ちなみに発信というのは、意識はしていないだけで、私たちは24時間365日何かしらの発信をしています。

 

普段の言葉、態度、考え方、感情、雰囲気などで、ラジオの電波のように発信はしているのです。

 

そして、あなたのそれら全てに共振・共鳴した人が、今あなたの周りにいるはずです。(自分の好き嫌いは関係なく)

 

 

この、普段無意識でしている『発信』。

これを、ネットワークビジネスの話を必要な人に伝えられるよう、意識的にしていきます。

 

ちなみに、SNSやブログなどで直接勧誘につながる行為をする訳ではありません。

 

あなたの価値観(興味、関心、考え方)を発信していき、それに共鳴、共感してくれた人【だけ】にネットワークビジネスを伝えるという仕組みを作るのです。

 

 ※発信=自分の価値観を発信 です。会社や製品の宣伝をするのではないです。

 

 

さて、あなた=ネットワークビジネス ではないですよね?

 

ましてや、あなた(従、一部)、ネットワークビジネス(主、全体)でもないですよね?

 

さらに、ネットワークビジネスはあなたが何か達成したいこと、得たいことを実現してくれる『手段』であって、ネットワークビジネスで成功することが目的ではないですよね?

 

ネットワークビジネスが良い、素晴らしいと思ったのは、あなたの価値観を満たしてくれたり、うまく表現してくれているからであっても、それがあなた全てではないはず。

 

だけど、ネットワークビジネスにのめり込んでいる人は、手段と目的が逆転していて、「○○(会社名)で成功する!」「○○(会社名)は素晴らしい!」「○○(会社名)の良さを教えてあげないと!」「○○(会社名)を知らない人は人生損してる!」となっている人もまぁまぁお見受けします。

 

でも、これって宗教の勧誘と一緒だと思うのです^^;

(ちなみに、宗教についての私の考え方は、特に偏見もない位置に立っているつもりです。無理に勧誘されるのは嫌ですが、信仰を持っていたり、揺らぎない大切なものがあるというその気持ちは、尊重して接したいという考えです。)

 

本来はあなたが主であって、ネットワークビジネスはあなたの価値観の一部を表現したものに過ぎないはず。

 

 

うーーーん。伝わってるかな^^;?

とりあえず、このまま進めさせてください^^;

 

 

で、お金の話をタブー視している日本では、ネットワークビジネスそのものを伝えようとしても、まぁ伝わりません。

 

ネットワークビジネスについては、ネットワークビジネスのことを理解できたあなたと相手との間は深い谷になっていて、カンタンには行き来できないようになっています。

 

だから、何らかの架け橋が必要になるんですね。

 

 

その架け橋とは、『信頼関係を築くこと』だと私は思っています。

 

 

あなたの価値観(興味、関心、考え方)を日々ブログで発信していくことは、出会う前から信頼関係を築くきっかけになるのです。

 

また、実際に会って話を聞いたそのときは「No」だったとしても、あなたの生き方や考え方に共感できるものがあれば、ブログを通じてその後も関係を築いていくきっかけにもなります。

 

そうやって、あなたの発信に共鳴、共感してくれた人【だけ】、つまり橋がお互いに架かった人【だけ】に伝えるようにするとお互いストレスも溜まらず、傷付け合わずに済みますよね。

 

伝える

 

信頼関係の橋を架けるためにブログを書く。

 

ブログで自分の価値観を日々発信することによって、『自分が発信したものと同じものを引き寄せる』という引き寄せの法則と同じ考え方で、その情報を必要とする人【だけ】が向こうからやって来てくれるようになります。

 

これが、

  • お金も時間も場所も自由になる生き方・働き方をしたい人
  • ネットワークビジネスの商品や仕組みはいいと思うけど、友達に伝えることは「うーーーん・・・」と思っている人

が安心安全にできる方法であり、私が筆文字講座を通じて実践してきた心にも体にもやさしい方法となります。

 

 

ちなみに私の周りには、料理・花・ヨガ・ハンドメイドの教室の先生、コーチ、セラピスト、カウンセラー、セミナー講師、トレーナー、インストラクターが多いです。つまり、めちゃめちゃざっくり言うと『先生業』が多いです。

 

私を含め、そのような人が自分のクライアントやお客さまにネットワークビジネスの話を切り出せるか?というと、かなり難しいと思います。

 

また、平日夜も土日もネットワークビジネスのセミナー漬けというのも、上記の仕事をしている人には現実的ではありません。

 

このセミナーは何のために参加するかというと、伝える方法の新しいやり方を教えてもらったり、製品やビジネスの仕組みについて学んだり、モチベーションアップのためといろいろありますが、セミナーに参加してもしなくても、最終的に『伝える』ことさえできれば、生計を立てられるぐらいの収入を得られるようになります。

 

なぜなら、ネットワークビジネスの仕事とは、

『1.使う(好きな商品を使う) → 2.伝える(使ってよかったものや買い方を友人・知人に教えてあげる、ビジネスの仕組みを教えてあげる) → 3.1と2を繰り返す』だからです。

 

『伝える』ということがボトルネックになっているのは、相手が話を聞きたくないかもしれないのに、何とか聞かせる方法を学び、何とか理解してもらおうと働きかけるからとも言え、これがもし「聞きたいです」と自ら手を挙げてくれた人に伝えられたら、何倍もいいと思いませんか?

 

※ボトルネックとは、ワインボトル本体に対してビンの首の部分(液体の通り道)が狭いことのたとえで、この部分がワインの出る量を決めている、つまり『生産性の低いプロセスが全体の成果を決めている』ということを表している

 

 

だからこそ、ブログを書きましょう。

 

もしあなたが、

  • ネットワークビジネスの商品や仕組みはいいと思うけど、友達に伝えることは「うーーーん・・・」と思っている
  • 「とりあえず友人知人に当たろう」という当たって砕ける方式でもなく、「気合いだ!」の根性論でもなく、ビジネスをしたい人【だけ】が向こうから来てくれたらいいな

と思っているなら、自分から発信できるブログを書くといいことありますよ^^

 

ブログはラジオと同じような発信ツールです。

 

発信したものと同じものを引き寄せたあなただけがうれしいのではなく、その発信をキャッチした相手にとっても「引き寄せた!!」と喜ばれるものとなりますから。

 

 

追伸:

ブログに何を書いたらいいの?という人向けに、引き寄せブログの作り方ワークショップなどを考え中。

 

決まったら、またお知らせさせていただきますね。

 

それでは、次回もお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました