No.54:【前編】引き寄せ的に、向こうから来てくれたらいいと思いませんか?

花 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

今日は、春分の日ですね。

 

春分とは、一年で昼と夜の長さが等しい日で、このころから昼が長くなる日。西洋占星術では『宇宙の元旦』とも言われているそうです。

 

2018年が始まってから二ヶ月半が過ぎた今、気持ちを改めるにはいいきっかけになりますね^^

 

では、今日は、鉄の心臓を持ってない人でも打たれ弱い人でもできる、『伝える』について書いていきたいと思います。

 

 

前回、ネットワークビジネスの『伝える』について書いた最後に、『伝えるって、Pushプッシュ(押す)というイメージがあるかもしれませんが、私の場合は逆でPull(引く)、つまり引き寄せと同じ考え方』と書きました。

 

引き寄せの法則って、ごくごくカンタンに言うと『自分が発信したものと同じものを引き寄せる』という考え方ですよね。

 

でも実際どうですか?

 

交流会や他人が主催するセミナーへ参加して、そこで知り合った人とお茶やランチへ行き、ネットワークビジネスのセミナーへのお誘いをいつしようか、自分のサービス(カウンセリング、講座、セミナーなど)のお誘いをいつしようかと、Pushプッシュ(押す)の姿勢で人と会ってませんか?

 

はい。

私は会ってました^^;

 

でも、それってめちゃめちゃしんどいんですよねーーー(--;

 

 

ネットワークビジネス界では、メンバー(ダウンライン)を増やすために、友人知人に会えって言われます。一回は「100人リストを作れ」って言われます。

 

それこそ、気合いだ!の根性論で突破し、鉄の心臓を作りあげていった人のメンバーになると、その人はそれで出来たので「成功例をマネしなさい」「同じことをやれば、あなたも絶対成功できる」って言われます 笑

 

だけど、私は断られるのを承知で言うのって、もうイヤなんです。大事な友達をなくしたり、傷つくのはもうイヤなんです。

 

20代半ばの頃、アムウェイでの100人リスト作成や100人アタックは途中で挫折し、39歳の夏に自分ひとりでやった1回目の100人セッションも途中で挫折し、39歳の冬にセミナーへ参加して人の助けを借りてやった2回目の100人セッション(期限は90日)では、人数自体は達成したものの、ボロボロになった心と体の回復には、二ヶ月以上の月日を要しました。

 

(100人セッション自体は貴重な経験だったし、関わってくださったすべての人に感謝しています。ただ、心身共にの痛手も大きかった・・・ 私はですよ^^;)

 

 

だからこそ、考えました。必死で考えました。

 

「今の時代って、ネットで知りたいことを検索して、ネットで買い物することも多いよなー。販売者と直接会わなくても、ネットで買い物すべてが完結する。

ということは、ネットでモノを売るスキルが身につけば、欲しいと思ってない人に無理やり話を振ったり、買って買って・来て来てアピールしなくて済むかも?」

 

ということで知ったのが、『セールスライティング』でした。

 

セールスライティングというのはものすごく奥が深くて、セールスでもあり、マーケティングでもあり、心理学でもあるなと思いました。

 

机上の心理学ではなく、実践の心理学というか。

 

それまでやっていた感情解放セッションとも通じることがあったので、私は入りやすかったし、 実際にその技術を活かしてネット上で文章を書くと、こちらからPushプッシュ(押す)しなくても、「筆文字習いたい」という人からお申し込みやお問い合わせをいただけるようになったのです。(SNSでのいいね!数と、お申し込み数は関係ないことがここで分かった)

 

セールスライティング自体は商品やサービスを売る文章を書く技術で、こちらはホームページで活用していますが、じゃぁブログでは何をしているのかというと、価値観を発信しています。

 

「私はこんな風な考え方を持っている」という価値観を発信し、そこに共感してくれる人に対して、商品やサービスを伝えているのです。

 

私の場合は、筆文字を通じて『思い込みを外して、本来の自分に還ろう。本来の自分はもっと自由で才能豊かなんだよ。』というコアを伝え、そこに共感してくださった人からネットを通じてお申し込みをいただいて「習ってよかった!」と喜んでいただき、さらに自分の未来を変えたい・結果がほしいという人が、個人セッションに進んでくださっています。

 

これってつまり『自分が発信したものと同じものを引き寄せる』という、引き寄せの法則と同じ考え方ですよね。

 

 

「ネット時代にはネット時代の方法があるんだ」ということを一連の流れで体験した後、再び私は好きを仕事にすることの出口を考えました。

 

以前も書いたように、私にとっての好きを仕事にする出口は、下記3つです。

  1. 自分がいなくても回るビジネスの仕組みが作れていること
  2. 収入の柱が7つ以上あること
  3. 生活のためにお金を稼ぐ状態から卒業できていること

 

これを実現しようと思ったら、ネットワークビジネスとGoogleアドセンスしかないよなって私は思ったんです。

 

また、自分が動けなくなったとき(自分自身がとか、自分は健康でも親の介護で身動きとれなくなったりとか)を想定したとき、生活すること自体が収入につながっていくネットワークビジネスしか残らへんよなーと思ったんです。

 

さらに、ライティング(文章を書くこと)はAIに仕事を奪われるかもしれないけど、ネットワークビジネス=販路開拓の仕事(集客ともいえる仕事)は人との関わりでもあり、人を育てる仕事でもあるため、人間だからこそできる仕事では?と思ったのでした。

 

 

元々、ネットワークビジネス自体は賛成派の私なので、そう思う以前からもいろんなネットワークビジネスの話を聞いたり、実際に商品を使ったりはしてきましたが、結局ビジネスできる会員登録は、再びアムウェイですることにしました。(母もメンバーなのですぐ登録できる 笑)

 

そして、ミーティングなるものに15年以上ぶりに参加してみたところ、黒電話時代とやり方が変わってないことにちょっと衝撃を受けたのでした。

 

いやいやいや。

 

いろんなところへ顔出して声かけてってしてたら、勧誘って思われるよ??

 

またネットワークビジネスのイメージ悪くなるよ??

 

「あの人にもう一回伝える」って、相手が今それを望んでいるのかも分からないまま伝えるの!?

 

って、ちょっとというか、かなりびっくりすることが多かったのでした。

 

 

はい。ネットワークビジネス界の常識があるのは承知の上で書いてます。

 

今の20代は、その方法でもやっていけてる人が多いということも、若者のミーティングに参加したことで知っています。(40代以上の世代がネットワークビジネス(というかアムウェイ)に対して持っている印象とはまた違う様子で、20代の賛同者は多い模様)

 

さらに、タイトル取ってない、ぺーぺーの私が書くなって言われることも承知で書いてます。

 

でも、ネット時代にはネット時代の、私が筆文字講座を通じて実践してきた、もっと心にも体にもやさしい方法があるよということを、お金も時間も場所も自由になる生き方・働き方をしたい人、ネットワークビジネスの商品や仕組みはいいと思うけど、友達に伝えることは「うーーーん・・・」と躊躇している人に知ってほしいと思うようになったのでした。

 

 

何より、今起業が流行っていますよね?

 

でも、これも以前のメルマガで書きましたが、好きを仕事にするって自分自身が動けてこそ。

 

今は月何十万、何百万と稼いでいても収入には波があるし、自分が動けなくなると収入がゼロになるというリスクがある働き方なので、どこかの時点でギアチェンジを考える人が出てくるはずです。

 

お金の使い方も生活レベルも、一度上げたものを下げることは難しいからです。

 

そのときに、お金も時間も場所も自由になる生き方・働き方をしたい人はもちろん、ネットワークビジネスの商品や仕組みはいいと思うけど、友達に伝えることは「うーーーん・・・」と思っている人に、『伝える』というボトルネックが解消できた状態を、あなたが教えてあげることができたとしたら?

 

それも、『自分が発信したものと同じものを引き寄せる』という引き寄せの法則と同じ考え方で、その情報を必要とする人【だけ】が、向こうから来てくれたらいいと思いませんか?

 

これは、ネットワークビジネスのメンバー(ダウンライン)になってくれる人=一緒にやっていこうという人 に限らず、好きを仕事にするのであってもね^^

 

といこうことで、長くなったので次回に続きます。

 

 

追伸:

引き寄せの法則って『自分が発信したものと同じものを引き寄せる』という考え方とはじめに書きましたが、私は、どんなことでも『今、すでに引き寄せている』という考え方です。←紆余曲折あってここに落ち着いた

 

じゃぁ、事故や病気はどうなのか!?と言う人もいると思うし、もちろん、今その状況に置かれている人に面と向かっては言わないです。

 

でも、現在健康なら、あえて例外を作らず「もし今、すでに引き寄せているとしたら?」と考えることができたなら、状況は必ず変わります。

 

というか、『とらえ方が変わる』というほうが近いかもしれません。

 

でもそれは、無理にポジティブ思考になるのではなく、心の底から、無意識レベルでそう思えるようになるということです。

 

 

当たり前にできる呼吸を、わざわざ「よし!息しよう!」って決意しないですよね?

 

それと同じで、無意識レベルでのとらえ方が変わると行動が変わり、得られる成果も変わるんです!

 

そのためには、自分の無意識(潜在意識)は何を思っているのか?という、自分との対話が欠かせません。

 

今日のメルマガで、「いやいやいや。こうでしょ??」とか私が書いてるのも、私がそう言いたいからその状況を引き寄せている(そこに意識を向けている)というのを承知で書いています^^;

 

無意識との対話、大事ですな。

タイトルとURLをコピーしました