No.53:伝えること、得意ですか?

花 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

心の重荷だった確定申告も3/14にようやく終わり、日常が戻ってきた感じがします。

 

誕生日カードは確定申告準備中も毎日書いていて、だからこそ思うのですが、一日の過ぎるスピードは驚くほど早いです!

 

まばたき一回したら一日が終わっていたというのは言い過ぎですが、でも感覚としてはそれぐらいある^^;

 

だからこそ、今、何をするか?=何をしないのか? を明確にするのって大事だと思います。

 

周りや社会の声ではなく、周りから期待される自分像の声でもなく、自分の心の声・魂の声(本音)を聞いてそれを明確にし、自分との約束を守ることに時間を使っていくことが大事だと思うのです。

 

『だからこそ自分をみつめ、自分と向き合う時間が必要になる』について書いた こちらの記事も、よかったら読んでみてくださいね。

 

 

さて、『伝える』ということについて、ここ最近ずっと考えています。

 

ひらめきにも手伝ってもらいつつ、頭から噴火しそうな勢いで考えてます 笑

 

私はネットワークビジネス賛成派ではありますが、ネットワークビジネスそのものを、ダイレクトに伝えることには抵抗ある派です^^; ←意外?

 

ネットワークビジネスの話を切り出したくて友達をお茶やランチに誘い、「いつ切り出そうか・・・」とタイミングを伺いながらも「今日も結局、話ができなかった・・・」とか、話を切り出したけど「そんな話をするために、私と会いたいって連絡してきたのね!」って、大事な友達に思われるのがイヤなんです^^;

 

というのは、20代半ばにそんな痛い経験をしたことや、100人セッションを通じた体験、さらに、自分のサービスをブログやホームページからお申し込みをいただけるようになった今、やっぱり「いつ切り出そうか・・・」とタイミングを伺ったり、信頼関係を築けていない相手を説得するというのは、私の中で何か違和感あるのですね。

 

 

でも、ネットワークビジネスの仕事って、

『1.使う(好きな商品を使う) → 2.伝える(使ってよかったものや買い方を友人・知人に教えてあげる、ビジネスの仕組みを教えてあげる) → 3.1と2を繰り返す』なので、『2.伝える』が欠かせません。

 

  • ネットワークビジネスの商品が素晴らしいのは分かっている
  • ビジネスプラン(収入を得る仕組み)は全然違法ではないし、素晴らしいのは分かっている
  • 先に始めようが後から始めようが関係ない、ビジネスの条件は同じというのは魅力的(先に始めた人が儲かるではない ←ネットワークビジネス会社によって異なる)
  • 年金も期待できない&自分が何歳まで生きるのかも分からないこの先、正直、貯金だけで生活するのは無理だと思っている
  • 生涯現役でと思っているけど、動けなくなったときに収入が途絶える不安はある
  • 好きを仕事にしながら生きていく、もしくは好きなことをして生きていく場合、時間とお金どちらもの自由を得られる方法がこれ以外に見つからない
  • 法人設立ではなく、個人で実現できる『自分がいなくても回る仕事の仕組み』がこれ以外に見つからない
  • 生活のためにお金を稼ぐ状態から卒業できる方法がここにある

 

そう分かっていても、最終的に『伝える』ことができないと、生計を立てられるぐらいの収入は得られません。

 

また、自分は「よし!がんばるぞー!」と気合いと根性で手当たり次第伝えていけたとしても、自分の後に続く人が同じようにできるとは限りません。

 

つまり、ネットワークビジネスにおいて、『伝える』ということがボトルネックになっているわけです。

 

 

ボトルネックとは、ワインボトル本体に対してビンの首の部分(液体の通り道)が狭いことのたとえで、この部分がワインの出る量を決めている、つまり『生産性の低いプロセスが全体の成果を決めている』ということを表しています。

 

だから、もし成果を今より良いものにしたいなら、ボトルネックを解消する必要があるのですね。

 

というわけで、頭から噴火しそうな勢いで『伝える』ということについて考えていたのでした。

 

 

いやいや、何もそんなことしなくても、これまで実績出した人の体験談を聞いたらいいんじゃないの?とも思いますよね?

 

だけど、これは私の大いなる偏見が入っているかもしれないことを前置きした上であえて書くと、体験談を話してくれる多くの人は、鉄の心臓を持っている人が多いです 笑

 

もしくは、気合いだ!の根性論で突破し、鉄の心臓を作りあげていった人とか。

 

その努力は素直に尊敬します。

だけど、私にはできませんでした^^;

 

言われたことを素直に実行するのが成功の秘訣!と言われても、そこは素直に敗北を認めました^^;

 

人間、不可能ってないんやなーと勇気はもらえるので、話聞くだけならおもしろいですけどね^^ ←同じことやれって言われたら困るけど 笑

 

というわけで、次回は、鉄の心臓を持ってない人でも打たれ弱い人でもできる、『伝える』について書いていきたいと思います。

 

『伝える』って、Pushプッシュ(押す)というイメージがあるかもしれませんが、私の場合は逆でPull(引く)、つまり引き寄せと同じ考え方。

 

これまで、ブログやホームページからサービスをお申し込みいただいたことをベースにした『伝える』について、書いてみたいと思います。

 

 

追伸:

私は、お金も時間も場所も、もっと自由に生きられる方法があるよと伝えたいです。

 

サラリーマンが一番!サラリーマンが安泰!と思っている人ではなく、

  • 好きを仕事にしたい
  • 毎月、支払いに追われる生活はもうイヤだ
  • 趣味や学びにもっとお金や時間を使いたい
  • いろんな意味で親孝行したい
  • 日本と海外での生活を一年で半々にしたい
  • 世界中を旅しながら生きたい

 

そんな人に、それを実現できる方法があるよ!と伝えたい。

 

必要ない人に「どうやったら理解してもらえるか?」ではなく、本来その情報を欲している人に素直に伝わってほしい。

 

そんな気持ちが原動力となって、頭が噴火しそうなぐらい考えていたのでした。

 

それでは、次回もお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました