No.39:収入源、何本ありますか?

明石海峡大橋 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

前回、私の考える『好きを仕事にする上での出口3つ』のうち2つに触れながら、好きを仕事にするリスクと対策について書きました。

 

 

簡単に内容を振り返ると・・・

 

個人で好きを仕事にするというのは『自分が動いてこそ回る仕事』であり、単純に今の仕事を1年、3年、5年と続けていっても、自分の事業の中で『自分がいなくても回る仕組み』は構築できません。

 

自分が動いたら収入が増え、動かなくなったら収入が減るという状態で、自分が動けなってしまうと、収入が完全にストップしてしまうリスクがあります。

 

そのリスクは、1年、3年、5年と仕事を続けたところで減りません。

 

だから、もし自分の事業の中で『自分がいなくても回る仕組み作り』ができないなら、他社の仕組みを取り入れたらいいと思います。

 

私は、その他社を『Googleアドセンス(ブログからの広告収入)+ ネットワークビジネス』と考えています。

 

また、好きを仕事にするための体験があることで、収入源も増やしていきやすくなります。

 

 

ちなみに、私にとっての好きを仕事にする出口が下記3つであり、それを実現できるベストな方法が、上記であると判断しただけです。

 

– – – – –

 

1)自分がいなくても回るビジネスの仕組みが作れていること

2)収入の柱が7つ以上あること

3)生活のためにお金を稼ぐ状態から卒業できていること

 

– – – – –

 

だから、あなたにとっての「これがベスト」があるなら、それを元に出口を作っていくといいと思います。

 

 

ということで、今日は残っていた項目、

2)収入の柱が7つ以上あること

についてです。

 

こちらは、ブログ記事にしたので、ぜひクリックして読んでみてくださいね。

 

セブンポケッツを作ろう

 

これまでの内容にビビッときたあなたなら、こちらも何か感じるものがあると思います。

 

それでは、次回もお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました