リニューアルした筆文字講座について

頭と心をつなげる:神戸の筆文字教室・年賀状講座 筆文字のこと

 

春名恵です。

 

12月に筆文字講座を完全リニューアルしました。

 

今日は、リニューアルにあたっての筆文字つれづれを書いてみたいと思います。

 

筆文字おけいこで思うこと

さて、書道はお手本に忠実に書くのに対して、筆文字はお手本通りでなくていいものです。

 

私自身、書道というか習字は学校で習ったきりなので、この点があいまいだったのですが、筆文字は自由に描いていいんです。

 

でも、いきなり「自由でOK」と言われても、どう自由にしたらいいのかとまどう人も多いと思います。

 

そこで、こんなふうにすると自由に描きやすくなるということを、『遊びゴコロを呼び覚ますポイント』や『5つのコツ』として、講座でお伝えしていました。

 

 

ただ、先ほども書いたように、私自身、習字は学校で習ったきりなのに対して、受講生さんは書道二段や師範というベテランの方も多いです。

 

だから、私のように何も知らない状態での『自由に描く』なのか、書道のお手本に忠実に書くという原則が身についた上での『自由に描く』なのかで、自由のとらえ方が違うのかな?という印象も持つようになりました。

 

もちろん、書道経験があっても自由に描かれる人もいらしゃって、そんな方は、少なくとも筆ペンを手に取っている間は、素の自分で気楽に描いている印象を受けます。

 

ということで、講座をもう一度見直そうと11月末に思い立ち、このたびの完全リニューアルとなりました。

 

 

筆文字は自分が思った通りに描いたらいいものだし、そこに正解や間違いはありません。

 

新しい講座では、より素の自分で、より自分が心地よいと思える状態で。

 

自由にのびのびと、自分らしい文字を描けるようになっていただくことを目指しています。

 

新クラスの内容

新クラスは、ビギナー、基本、応用の3つとシンプルにしました。

 

  • 新ビギナークラスの内容:旧ビギナー+旧基本クラスの一部
  • 新基本クラスの内容:旧基本クラス+旧応用クラス1&2の一部
  • 新応用クラスの内容:旧応用クラス1&2+新内容

 

また、ビギナークラスでは、自分らしい字を描けるようになるためのワークを、新たに追加しました。

 

これも、4時間半という連続した時間でするからこそ、可能となったものです。(途中休憩は自由にお取りいただけます)

 

そのようなことから、新クラスは初めて受講する方はもちろん、再受講の方にもお楽しみいただける内容となっています。

 

お手本について

これまでビギナークラスでは、お手本は1つのパターンだけご用意していました。

 

その理由は、物事は『守破離(しゅはり)』という順序で習得すると身につきやすい、という考えからでした。

 

ところが、『破』はともかく『離』に移行できない人も少なくなかったので、ビギナーのお手本1つというところをまず見直しました。

 

新講座ではお手本という考えではなく、『文字を自由に描いてOKの見本』という位置づけとし、数パターンの文字見本を作りました。

 

そして、この通りに描くに留まらず、「こんな発想もありなんだ」とか「このポイントを押さえると、自由に描きながらでもバランスよく見える」を実践できる見本としました。

 

頭と心がつながってなくて、しんどいあなたへ

筆文字は自分が思った通りに描いたらいいものだし、そこに正解や間違いはありません。

 

素のあなたのままで、あなたが心地よいと思える状態で、自由にのびのびと自分らしい文字を描いてほしいと思います。

 

もし、『自分が思った通り』が何なのかが分からないなら、一度講座へお越しください。

 

頭と心をつなげて、あなたの気持ちを文字というカタチにするお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

頭と心をつなげる:神戸の筆文字教室・年賀状講座

頭と心をつなげる:ハートの外側が頭の声、ハートは心の声というイメージです

 

>> 講座の詳細はこちら <<

タイトルとURLをコピーしました