頭で考えてやっても上手くいかないなら・・・

緑と空の風景 魂を輝かせる方法

 

春名恵です。

 

講座でも個人セッションでも、私のところへ来られる方は行動派な方が多いです。

 

それでも「前はもっといろいろチャレンジしてたはずなのに、いつの間にか、守りの姿勢なってしまっている」と言われることも、これまた多いです。

 

まったく同じではないかもですが、私もその気持ち分かるつもりです。

 

なぜなら、私も元々壁を壁だと思わずに行動するタイプだったのに、自分で仕事をし始めてから、行動に躊躇することも増えてきたからです。

 

意識と無意識のバランスが大事

それでも、時間や場所に縛られた働き方には戻りたくなかったことと、立場的に背水の陣なので前に進むしか方法はなく、家族の助けも得ながらここまでやってこれました。

 

特に仕事を辞めてからのこの一年半は、「現状を変えたければ、行動を変える必要がある!」を痛感しまくりでした。

 

そこで、意識的に行動を変えることと、無意識面から行動を変えることのどちらもをしたところ、どちらか片方ではなく、どちらもバランスよく配分することが大事だと思いました。

 

 

元々、私が好きで得意なのは

  • 無意識面から変えること
  • 瞑想やイメージングの時間を取って、潜在意識を整えること
  • イメージにお任せすること

です。

 

だけど、ブロック(メンタルブロック)があるとかないとか以前に、ただ単に情報を知らないだけという場合も多々あったのです。

 

 

知らないことをやろうとしたり、新しいことにチャレンジするのって不安になると思います。

 

私もそれで動けなくなっていたのですが、実際に情報を知ってみたら、ブロックを外さなくても勝手に動けるようになりました。

 

そんなことから、

  • 意識的に行動を変えること
  • 無意識面から行動を変えること

 

のどちらも必要だし、バランスが大事だと思うようになりました。

 

でも実際には、意識的に行動を変えようとする人の方が多い

とはいえ、世の中の標準は、意識的に行動を変えることから取り組む人がほとんどです。

 

たとえば、「来週までにこれこれしないといけないから、今日はどこどこまでやる」とか、「あの人と人間関係がうまくいくように、これこれこうしよう」と、頭で考えて行動する人の方が多いですよね?

 

「来週までにこういう状態になってるのが理想。そのために私がすべきことを教えてください」とか、「あの人との関係がベストな状態になるために、私がすべきことを教えてください」って瞑想して答えを得て、それを行動に移す人って少ないですよね?

 

その理由は、私たちは前者の『頭で考えて行動する方法』しか学校では習ってきていないし、親も同じくだからです。

 

周りの人もみんなその方法しか知らないので、日常生活でも仕事でも当たり前のようにそうしています。

 

何もそれが悪いわけではありません。

それで万事うまくいっていればOKだと思います。

 

でも、もしその方法で頭打ちになっているとか、「なんか違う・・・」と感じるなら、無意識面から行動を変えて、得たい結果を得られる方法があるよ!とお伝えしたいです。

 

 

春名の個人セッションは無意識面から行動を変え、気がついたら出来ていた!という状態になるために、先ほどの後者『瞑想で答えを得て行動する方法』をお伝えしています。

 

本音の自分と対話して行動を引き止める感情を癒し、自分らしく生きながら周りとも調和する生き方ができるための対話による行動支援が個人セッションです。

 

※瞑想状態が分かるようになるために、誘導瞑想を取り入れているセッションもあります

タイトルとURLをコピーしました