図面を描くのが速い人、遅い人の違いとは?

図面 CAD速くなりたい

 

春名恵です。

 

私が行った最後の派遣先では、数年かけて、社内の様々なシステムとCAD図面とを連携させ、業務の効率化を目指すプロジェクトが進められていました。

 

当時、AutoCADに詳しいメンバーの一人としてそこへ参加させてもらっていた私は、CAD操作に困った設計者さんから、「春名さん教えてー」と呼ばれることがよくありました。

 

そのとき、人のCAD操作を立て続けに見る機会を得たのですが、図面を描くのが速い人と遅い人の違いが、思いがけずよく分かることとなりました。

 

速い、遅いについては、CAD図面を描くことが専門のCADオペレータと、CADは補助ツールだとする設計者とでは一概には比較できないですが、CADオペレータにも参考になることがあったので、それを書いてみたいと思います。

 

図面を描くのが遅い人の特徴

図面を描くのが遅い人というのは、操作の都度立ち止まり(手を休め)、考え、答えが出てから手を動かしています。

 

また、操作だけにとらわれている印象を受けることと(線描いてー消してーという感じ)、コマンド、アイコンを都度「えーあれなんだったっけ?」と思い出しています。(覚えていない)

 

図面を描くのが速い人の特徴

反対に、図面を描くのが速い人というのは、描きながら考え、考えながら描いています。

 

図面を描くのが遅かったとき、速い人を研究してみた

私もCADを始めた当初は、めっちゃめちゃ遅かったです。

 

だけど、いろんな派遣先へ行って、仕事ができる人、仕事が速い人を立て続けに目の当たりにしたとき、「速い人って何でそんなに速いんやろ?」と研究してみたのでした。

 

速い理由はいろんなありましたが、ひとつ「これやな!」と印象に残ったことがあります。

それは、図面を描く前の準備に時間をかけていることでした。

  • 「これ描いて」と渡された仕様書や検討図から、いきなり図面をおこすことはしない
  • 納期を考慮しながら、できるだけ最短距離を考え、どの切り口からいくかを考える
  • 次回も流用しやすい図面作りを考える
  • 必要な資料や参考図は事前にそろえておく

そうやって一度整えたら、スパーっと走っていってました (笑)

 

それが分かった後は、私も速い人を見習って事前準備をきちんとするようになり、図面を描くスピードもアップしました。

 

 

とはいえ、いくら準備万端だったとしても、実は、ある前提がそろっていないとスパーっと走っていくことができないのです。準備も片手落ちになります。

 

この『ある前提』がそろっているかどうかは、次回から5回にわたって書く記事で確認できます。

 

これを知ると、現実的な対策も取れるようになりますので、CADが遅いと感じるなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

【CADが遅い理由:1】操作が遅い

タイトルとURLをコピーしました