「ダイエットしたい!」の裏にいる人

クッキー、DL 魂を輝かせる方法

 

春名恵です。

 

潜在意識と顕在意識ってどう違うの?ということ、ダイエットを例えにすると分かりやすいので、今回はそれについて書いてみたいと思います。

 

今の9.1倍がんばれますか?

ダイエットを始めたときって、「よし!がんばるぞ!」と思う自分と、「ちょっとだけ甘いもの食べたいな~」と思う自分がいますよね。

 

この「ちょっとだけ甘いものを食べたいな~」という自分=潜在意識、もう一方の「よし!がんばるぞ!」と思う自分=顕在意識です。

 

潜在意識と顕在意識の割合はざっくりとで9:1ですが、これってダイエットに反対している「ちょっとだけ甘いもの食べたいな~」と思っている人が、10人中9人いるということです!

 

ダイエットしたいと思っているのは、たった1人。

 

「えーーー!?」って思いますか?

私は、一番最初にこの割合を聞いたとき思いました^^;

 

今がんばってる9倍がんばらないと、「ちょっとだけ甘いもの食べたいな~」と思っている9人の力に負けてしまうんだ・・・

 

いや、9倍で同等なので、9.1倍以上かぁ・・・

 

今がんばっている9.1倍もがんばれない・・・とガックリしたのでした。

 

裏にいる人に出てきてもらおう

ところで、ダイエットに反対している「ちょっとだけ甘いもの食べたいな~」と思っている9人は、普段は表には出ません。

 

「ダイエットしたい、したい」と言っている1人が、表に出ています。

 

みんなでご飯食べてるときとか、お茶飲んでるときには「ダイエットしたい、したい」と言っている1人が表に出ているんですね。

 

だけど、心の奥底の扉を開けてみると・・・

 

そこには「ダイエットなんかしたくない!」「ちょっとだけ甘いもの食べたいな~♪」「このままでいいよね♪」と言っている人が9人います。

 

みんなと別れて一人になったときに、この9人が暴走するパワーに驚かされる人も多いと思いますが、それが潜在意識の力です!!

 

顕在意識1人で「よし!がんばるぞ!」と思ったところで、残りの9人が納得していなければ、いずれ元の状態に引き戻されるということがお分かりいただけるでしょうか・・・?

 

今ダイエットに反対している9人を味方につけること。

 

この9人に表へ出てきてもらうこと。

 

それが、潜在意識で問題解決するということです!

 

知識を身に付け、計画も立て、モチベーションを上げてもダメなら・・・

ここまでダイエットでたとえてきましたが、片付け、禁煙、禁酒などの場合もまったく同じです。

 

ちなみに、学校や会社で教わるのは「がんばろー!!!」と思っている意識(先ほどの1人のほう)だけで問題を解決する方法です。

 

知識を身に付け、計画も立て、モチベーションを上げてもうんともすんとも言わない。

 

そんなときは、9人の潜在意識がそれをすることに反対しています!

 

その状態で突き進むには9.1倍以上のがんばりが必要なので、体力・気力共に、非常に消耗するはずです。(もしくは、最初からあきらめてやらないかも??)

 

そこで、今反対している9人に味方になってもらうため、普段から9人の言い分に耳を傾けるようにしてみましょう。

 

そうして、顕在意識1人と潜在意識9人が同意し、10人が同じ方向へ手を取り合って進んでいけるようになると、ダイエット、片付け、禁煙、禁酒だけでなく、他の物事もスムーズに進むようになりますよ。

 

2018年11月追記

得手・不得手はあるようで、ダイエットする必要がない人でも片付けは苦手とか、片付けは得意だけどお酒はやめられないとか、お酒は飲まないけどタバコは手放せないとかは人それぞれあるようです。

 

私はダイエットがテーマだな( ^ω^ )

タイトルとURLをコピーしました