心のブロック(制限)が外れると身体も柔らかくなる

ピラティス 魂を輝かせる方法

 

初めてピラティスを知ったのは9~10年前。

 

ずーーーっと興味はあって、29歳から通い始めた夜間の短大(2年)の卒業後、プライベートセッションを受けるようになりました。

 

渡辺満里奈ちゃんのピラティスに憧れる

その後、プライベートセッション+カルチャーのピラティスにも行くようになり、当時話題だった、渡辺満里奈ちゃんの本『ピラティス道』の表紙のVの字もやりました。

 

あ、かっこつけて書きましたが、出来ませんでした・・・

 

Vの字ではなく、Uの字だった気が^^;

 

ピラティスで変わったボディライン

正直、私はピラティスでここまで身体のラインが変わるとは思いませんでした。(といっても、私は痩せ型ではないのであしからず)

 

今はヤムナフットフィットネスも一緒に受けているので、とくに相乗効果が高まっているようです。

 

というのは、筋肉がついても、その筋肉は柔らかいから。

 

高校生のときから20代半ばまでラケットボールというスポーツをやっていた私は、試合に勝つための身体作りとしてダンベルやバーベルなども使った筋トレもやっていて、霜降り&ガチガチの筋肉だったことはあっても、筋肉が柔らかいことはありませんでした。

 

だから、筋トレして筋肉が柔らかいというのは、私にとってはめちゃめちゃ革命的(笑)

 

ピラティス&ヤムナフットフィットネスを受けての変化

ヤムナで使う道具

ヤムナフットフィットネス

フットウェイカーズ:直径10cmぐらいの半球

 

ヤムナフットフィットネス

フットセーバーズ:直径5cmぐらいの半球

 

青竹踏みの要領で乗ってワークしていきます。

 

 

さて、ヤムナとピラティスは別々の先生にご指導いただいていますが、

  • 背骨のS字ラインが変わった
  • 股関節が開いてきた
  • 足首があがった
  • 足のアーチ(土踏まず)が出来てきた
  • 胸椎が開いてきた(胸椎が変わった、かな?)

などと言われるようになりました。

 

 

これらの変化を私の言葉で言うと、

  • 腰痛が出にくくなった
  • 階段を降りるときの膝痛がなくなった
  • 土踏まずの痛みが少なくなってきた
  • 肩こりしにくくなった
  • 息苦しさが減ってきた
  • 心が変わったら身体も変わった

という感じです。

 

心(感情)が変わると身体も変わる

ピラティスで、自分はいつも通りの動きをしているつもりでも、感情に大きな変化が起こった後(感情が解放された後)は、「動ける範囲が広くなった」と先生から言われます。

 

感情が解放されたことは先生は何も知らないのに、身体の動きだけを見てそのように言われるのです。

 

そんなふうに、動けなかった部分が動けるようになるということは、無意識のうちにぎゅーっと自分の内側で力を入れていたのが、力を入れなくてもよくなったということで。

 

これまで握り締めていたもの、人には見せたくなかった恨みつらみや悲しみの気持ち、怒っていたことなど、すべて無意識で思っていたことを改めて自覚して解放し、そうやって心(感情)が変わると身体も変わるんだ!ということを、私はピラティスを通して実感できるようになりました。

 

特に今年は、いろんな心のブロック(制限)が外れていったので、心(感情)が変われば身体の筋肉(肉質)も変わるをめちゃめちゃ実感中です。

 

どこから掘っても、行き着くところはきっと同じ

身体って、前後、左右、斜め前、斜め後ろといろんな方向に立体的に動かせることが大事なんだそうです。

 

そうやって、身体を自由自在に動かせるようになった結果心のブロックが外れるか、心のブロックが外れた結果身体が柔らかくなるか、入り口は人それぞれで。

 

砂場で作った砂山を、右から掘るか左から掘るかの開始地点が違うだけで、到達するところはきっと同じなんだと先生とも話していました。

 

 

ということで。

 

あなたは身体からいきますか?

心(感情)からいきますか?

 

ピンと来たときが自分と向き合うタイミング。

 

どちらからでもお好みでどうぞ^^

タイトルとURLをコピーしました