大人の読書は、自分が本へ歩み寄れる

 

春名恵です。

 

大人の読書とは、状況に合わせて読み方を選択できること。

 

はい、私が勝手に定義しました( ^ω^ )

 

 

たとえば、こういう話をよく聞きます。

 

「新聞をじっくり読みたいわけではないのに、じっくり読む方法しか知らない。だから、読むのに時間がかかって困っている。

新聞を読んでいるときは他のことができない。本来そこに時間を費やしたいわけじゃないのに、他の方法を知らないからそうせざるを得ない・・・」と。

 

同じように思われている方、意外に多いのではないでしょうか?

 

 

私の場合は、普段本を読むときは普通に読んでいますが、リラックスした状態で新聞を見るときは、絵を見るように見てることが多いです。

 

また、本も基本的には普通に読んでいますが、それでも一冊の中でいつも同じ読み方をしている訳ではありません。

 

自分が読みやすい読み方を無意識に選んで読んでいます。

 

 

たとえば、行のスペースが多い本、ぎっしり文字が詰まった本、ひとかたまりで段落をとらえやすい文面などがあったとき、速読トレーニングで習得した文字の追い方を使うことで、自分の方が本に合わせて読み方を変えていくことができます。

 

自分が本の方へ歩み寄っていけるのです。

 

まるで大人の人間関係みたいですね^^

タイトルとURLをコピーしました