速読脳はWindows7

 

春名恵です。

 

パソコンが一般に広まるきっかけとなったWindows95、そしていま出ているWindows7。

 

明らかにWindows7の方が、起動スピードや操作のスピードが速いですよね?

 

Windows95までさかのぼらなくても、WindowsXPと比べてもかなり違う、かなり速くなっていると私は実感しています。

 

 

さて、速読を知らない普通の脳をWindows95、速読できる状態の脳をWindows7と例えることもできます。

 

今まで(Windows95のとき)は、効率化や新しい知識を得るために、パソコンが速くなるソフトを入れたり、いろんなソフトを次々とインストールしていっていました。

 

そこで、ソフトではなく、OS自体を速いものに変えたとしたらどうでしょう?OSをWindows7にするのです。

 

すると、ソフトの入れ過ぎでフリーズすることもなく、速く快適に動きますよね?

 

これが速読脳なんです。

 

 

ちなみに、Windows95のままの脳では速読できません。速読しようと思ったら、まず脳のOSをWindows7にする必要があるんですね。

 

脳のOSがWindows7になることで、1日24時間が36時間にも48時間にも感じられるようになるのです。

タイトルとURLをコピーしました