問題解決する方法として潜在意識を活用してみませんか?

 

春名恵です。

 

私は高校生の頃から、「自分も人も、なぜそのような行動を取るのか?どういう想いがあってそうするのか?」ということに興味がありました。

 

そこを突き詰めていくと【潜在意識】という言葉に出会いました。

 

そして、人の意識の5%が顕在意識(意識)、残り95%が潜在意識(無意識)であることを知って衝撃を受けました。

 

  • 人は5%の顕在意識の中で問題を解決しようとしている
  • 人は無意識に自分の作った思い込みのイメージ、プログラムの中で生きている
  • 人はどんな答えも既に自分の中に持っている(現在苦難している問題に対しても)
  • 人には無限の可能性が眠っている

 

そう気づくヒントが潜在意識にはたくさん眠っていることに衝撃を受け、感動し、それを多くの人に知ってもらいたい!と思うようになりました。

 

 

潜在意識というと、目に見えないもの、つかみどころがないものと思われがちですが、目に見えないものばかりが潜在意識ではありません。

 

実は、目の前の現実(事実)を観察すると、誰でも潜在意識が分かるのです。

 

「今のまま考えていても解決方法がない」というあなたへ

「もっと変わりたい!」「よし!今日から私も変わるぞ!」と思っても、何日か経つとすぐ元に戻っている・・・ということはありませんか?

 

それは、

  • 脳は変化を嫌う
  • 無意識は変化を嫌う
  • 潜在意識は変化を嫌う

からです!

 

あなたが5%の意識(頭,理性)だけで問題を解決しようとしても、95%の潜在意識がイヤだと言ってることには残念ながら勝てません。

 

たとえ一時的に勝てたり、一時的に出来たとしても、それは5%の理性で押さえつけて成し遂げている状態であり、根本的に改善しているわけではないのです。

 

5%の頭だけで考え、変えようとすることが大きければ大きいほど、潜在意識の抵抗は大きくなります。

 

身近な例で言えば、ダイエットや禁煙でこれを実感している方は多いと思います。

 

<参考記事>

「ダイエットしたい!」の裏にいる人

 

だから、何か解決しようと思ったり、変えたいことがあるなら、まず潜在意識に味方になってもらう必要があるのです。

 

潜在意識に味方になってもらう方法

その方法は2つあります。

方法1

潜在意識に味方になってもらう方法1つ目は、潜在意識に変化だと気づかれないよう、時間をかけて取り組むこと。

 

習慣化するためには3週間(21日間)続けるといいとか、45日間続けるといいと言われるのは、この1つ目の方法です。

 

方法2

潜在意識に味方になってもらう方法2つ目は、潜在意識に「変化することは心地いいことなんだよ」「変化することに、あなたが思っているような危険はないよ」「変化しても大丈夫だよ」と、気づかせてあげること。

 

こちらが、私の提供しているセッション・講座で取り入れている方法です。

 

どんなことも、潜在意識はよかれと思ってやっている

ただ・・・

どんなことであれ、今潜在意識がやっていることは、あなたのためによかれと思ってのことです。

 

まさか、それであなた(5%の頭)が苦しむ結果になっているとは夢にも思っていません。

 

そこを理解した上で95%の潜在意識の意図に耳を傾け、その気持ちに寄り添って対話し、潜在意識に 「私、変わってもいいんだ!」と納得してもらうことが大事になるのです。

 

今現在は、変化したい5%の顕在意識に対して、意識の95%を占める潜在意識は「変わりたくない」「このままでいい」と思っている状態です。

 

その95%の潜在意識が、現状から抜け出すことに同意すると・・・

 

そう、変化が速いのです!!!

タイトルとURLをコピーしました