手指ほぐしや眼球運動もやってます!

お礼:筆文字ハガキ&ポチ袋 筆文字:感想&レポ

 

春名恵です。

 

【感情ケアクラス 6日間午前半日コース】、第二回目のレポをお届けします!

 

感情ケアクラス 6日間午前半日コース

Lesson2

お礼:筆文字ハガキ&ポチ袋

 

パステルの小ぶりの花がめちゃかわいい。

ポチ袋も自筆で描けるようになりましたね^^

 

手指ほぐしは、線の強弱つけるのに役立っている!?

筆文字を教えるまで気づかなかったのですが、私は日常生活の中で手や指をほぐしたり、爪先で指や手のひらを刺激することをよくやっています。

 

これが、線の強弱をつけたり圧を変えたりするのにどうやら役立っている様子。

 

そこで、受講生さんが「思うように描けない」と言われるときには、講座内で手指をほぐすこともやってもらうようにしています。

 

それプラス、今日は眼球運動もやっていただきましたよ。

 

手も目も脳の出先機関

脳を直接さわることはできないです。でも、手や目を動かすことで、脳の働きを改善することが出来ます。

 

それは、手や目は脳の出先機関と言われているから。

 

また、目をあるルールに沿って動かすことで、過去の記憶が数分で癒されることもあるんです。

 

新しいアイデアが出ないという悩みも、凝り固まった脳をほぐすことで生まれやすくなりますよ!

 

たかが目、されど目です^^

 

感想

  • 「明日は幼稚園の当番やなー」など、雑念、邪念がありながら描いてる自分に気付いた
  • 指がこんなに凝ってるとは思わなかった。目や首の裏が凝ってることにも気付いた。
  • パステルのお花の描き方学べたことと、文字には流れがあるということがわかったのが収穫

 

さて、雑念、邪念があることは別に悪いことではないと私は思っています。でも、「ある」のに「ないことになってる」ことは問題だと考えています。

 

だから「ある」と気づく。それだけでも収穫です!

タイトルとURLをコピーしました