学ぶことは何歳になってもワクワクする♪

牛の置物 魂を輝かせる方法

 

春名恵です。

 

韓国ドラマ「トンイ」を今観てるのですが、昨日は3話分ぐらいのストーリー展開やったな!とびっくり仰天したかと思ったら、今日は私が1日で3日分の遠足に行ったような日となりました!

 

こんなスケジュールは私史上初めてかも。

  1. 高3時代の友人たちとランチ
  2. 急きょ、この友人の友達の会社へパソコン操作の指導へGO
  3. デジタル書(写真と書のデジタル融合作品)の師匠 裕子さんの日本画展示会へ
  4. 商品用の写真の撮り方を学ぶ撮影講座を受講

なかなかおもしろいでしょ^^

 

商品用の写真の撮り方を学ぶ撮影講座

撮影講座では、商品を撮影するとはなんぞやが分かり、なるほどーと思わずうなずく。

 

また、光によっての写真の変化を実際に見てみたり、データ加工のために事前に心得ておくといいことなども教わりました。

 

猫の置物

 

 

牛の置物

 

 

プロレスラーのマスコット

 

普段、講座で教えている私でも、学ぶことは楽しくてワクワクします♪

 

学びがワクワクする理由(1)&(2)

私は29~30歳の2年間、夜間短大へ通っていた時期があります。いわゆる社会人通学です。

 

このとき、通学以外にも平日昼間はCADで図面を描く仕事を派遣でしていて、合間に学校の宿題や実験レポートなども仕上げながら、週末にはフラメンコも習って振付を覚えたりもしていました。

 

当時、そんな私を見た周りの人は「大変ね~無理しないようにね」と声をかけてくれてましたが、私自身は大変だと思ったことも、辞めたいと思ったことも実は一度もなかったんです。

 

なぜなら、今までずーっと疑問に思っていたことを学べる環境に身を置ける喜びや、ようやく解決のカギを見つけた!という喜びの方が大きかったからです。

 

正直、実験レポートの作成は瀕死状態でこれだけは逃げたかったですが^^;、でも辞めたいとは思わなかったです。

 

社会人通学するまでの私は、無知であるがゆえに仕事でも散々辛い思いやくやしい思いをしてきたので、学校で学べることが楽しくて仕方なかったんですね。

 

学びがワクワクする理由は、こんなふうに(1)学びたい気持ちがあることや、(2)興味あることを学んでいるからだと思うのです。

 

学びがワクワクする理由(3)

ちなみに、社会人通学する前の通常の現役学生時代は「テストがあるから勉強する」「受験だから勉強する」など、勉強とは仕方なくするものだった印象があります。

 

勉強自体はキライではなかった私ですが、今現在のように「このために学ぶんだ」という明確な理由が当時にあったなら、もっと積極的に勉強したかもしれません( ^ω^ ) ←受験勉強を真剣にしなかった人なので、受験は勉強する理由にならなかった^^;

 

 

さて、私が社会人通学で驚いたことがあります。

 

それは、たとえば中学・高校の数学や物理などの復習からやっていったときでも(機会工学科だったので)、それがどのように仕事で役立つかや、日常生活のどのような場面で役立つかがリアルにイメージ出来ることが多かったことです。

 

現役の中学・高校時代のときはただ言われたままやって、ただ言われたまま暗記していて、それがどこでどう役立つのかが分からなかったことが、社会人になってから同じ事を学ぶと「あ、ここで使われているんだ」と分かることに、驚きと感動とワクワクが湧き起こってきたのですね。

 

つまり、(3)それが何に役立つのかが分かればワクワク学べるということです。

 

ワクワクしてますか?

このように、大人になってからの学ぶ楽しさを私は知っているし、大人でもまだまだ伸び代があることを実体験しています。

 

だからこそ、学ぶことは一生続けていきたいと強く思うのかもしれません。

 

  • 大人になった今からでも、学ぶ楽しみを味わいたい!
  • 自分の成長をもっと感じたい!
  • 自分を信じれるようになりたい!

 

そんなあなたに質問です。

 

 

ワクワクしてますか?

 

 

筆文字講座はワクワクの連続です♪

 

それプラス、いつでもどこでも一生使える筆文字技術を身につけることができますよ^^

 

>> 入会金なし!毎回おけいこ最後に次回日時を決めます! <<

タイトルとURLをコピーしました