和歌を筆文字→CG作品に

筆文字アート:神戸の筆文字教室・年賀状講座 デザイン/アート

 

春名恵です。

 

本日午後からはデジタル書勉強会。

こちらは、書と写真をCGで融合させての作品作りを学ぶ場です。

 

本日のテーマは和歌

久かたのひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ

紀友則

 

自宅で筆文字作品を準備していきます。

↓↓↓

久かたのひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ:神戸の筆文字教室・年賀状講座

 

勉強会で様々な技術を学んだ後、完成したのがこちら

↓↓↓

筆文字アート:神戸の筆文字教室・年賀状講座

久かたのひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ 紀友則

 

モダンな紀友則になりました♪

 

でも、アートというよりちょっとチラシっぽいかも^^;

 

同じ素材を使っても完成形はみんな違う

毎回思うのが、同じ素材を使っても、みなさん全く違う作品に仕上がること!!(パッと見は同じ素材を使っていると気づかないと思う)

 

出来上がった作品は、その人ならではの個性、傾向が現れていておもしろいです。

 

勉強会が始まるまでの数時間前には出来なかったことが、こんな感じに出来るようになったことがうれしい!

 

図面描きとデジタル書の違い

私はCADで図面を描いてたときもそうでしたが、黙々と作業するのが好き。

 

だから、このようにちまちまいじって思い描いたイメージが形になっていく過程は、ものすごく楽しく感じます。

 

さて、図面もデジタル書もどちらも「描く」作業をしていますが、それでも両者で大きく異なることがあります。

 

それは図面の場合は、100人いたら100人皆が同じ解釈をする図面を作る必要があること。

 

デジタル書(アート)の場合は、同じ解釈は求めないこと。(作る側は自由に表現していいし、観る側も自由に観ていい)

 

16年間ずっと図面描いてたので、今デジタル書やってると、その違いをすごく感じています。

 

言葉や文章は人によって解釈が違う

人に何かを伝えようとする場合、世間一般的には言葉や文章が必要だと思われています。

 

ところが、設計(図面)の世界では図面を正しいものとしてやり取りします。

 

なぜなら、言葉や文章は人によってその解釈が異なるからです。

 

だから、図面を描く場合は文章(文字)は極力使用しません。

 

極力文章を使わないとはどういうことかというと、書き表した文章を図形や記号に置き換えられるならば、すべて図形や記号に置き換えて描くのですね。

 

さらに、1枚の図面を見て100人にモノを作ってもらうとしたら、100人全員が同じモノを作り上げられることを図面では要求されます。

 

100人中99人は同じモノが作れました。でも残りの1人は同じものを作れませんでした。というのは、図面としてはダメなんです。

 

私はそんな環境で16年間過ごしてきたので、同じ解釈求められずに済み、再現性を求められないことが、こんなにも気分が楽なこととは思いもしなかったのでした^^;

 

展示会へ出展します

デジタル書デビューして間もないですが、今年の9月中旬には、春名もデジタル書の展示会へ出展させていただきます!

 

場所は京都三条。

 

またブログでも案内させていただきますね。

 

よろしければ観光がてらお越しくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました