速読して本当に分かっているんですか?感動が薄くなりませんか?(2)

 

【質問】速読して本当に分かっているんですか?感動が薄くなりませんか?(2)

 

【回答】そもそも本に書き表された文章というのは、著者がイメージした世界の一部でしかありません。

そのため全ての文章を一字一句読みきったとしても、著者が言いたかったこと全てを理解出来たとは限りません。

 

解説

本を一字一句きちんとすべて読まないと理解出来ないと思っている人は多いと思いますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

 

そもそも本に書き表された文章というのは、著者がイメージした世界の一部でしかありません。

 

 

たとえばここに一枚の絵が飾ってあるとします。

 

その絵を見て、その絵の内容を文章にしてくださいと3人にお願いしたとすると、出来上がった文章(その絵のどこに着目しているか)、紙の枚数(文章のボリューム)は3人とも違うと思うのです。

 

見てる絵は同じなのに、です。

 

上記の『一枚の絵』というのが、著者がイメージした世界に置き換えられます。

 

 

本が映画化されたとき、自分が本で読んだイメージと映画化されたもののイメージが違う、というのも同じことでしょうね。

 

ヒプノヒーリング速読トレーニングでは、文字(自分の知っている日本語)をイメージや概念に置き換えながら速く思い出すトレーニングをしていきます。

 

このイメージ化・概念化するトレーニングを積むことで、文章に書き表されていない部分(行間、著者の想い、文字の感じ)までも読み取ることが可能になります。

 

ただし、この記事でも書いたように、速読と言ってもレッスン以外では当人は普通に読んでいます。

 

なので、イメージ化して読む技術を習得した分だけ、以前よりも感動が深まるといえるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました