本当の自分は、本当に本当の自分か?

夕焼けと女の子 魂を輝かせる方法

 

春名恵です。

 

平和な日々が一瞬にして壊滅状態となった東日本大震災から一年が経ちました。

 

一年後の今日、思うことを書いてみます。

 

本当の自分は、本当に本当の自分か?

本当の自分にベールをかぶせ、外に向けていろんなキャラクターの自分を作り出し、その時々でいろんな自分を使い分ける。

 

それって本当に必要なことだろうか。

 

いろんなキャラクターの自分を取り除いていき(もしくは統合していき)、本当の自分の状態で外の世界に接すると、もしかしたらそんな自分とは合わないと離れていく人もいるだろうし、傷つくかもしれない。

 

だけど、そんな自分を好きになって仲良くしたいと思ってくれる人もいる。

 

また、本当の自分を出さず、それなりに仲良くなってそれなりに付き合いを続けることは、自分の身は守れて傷つかずに済むかもしれないけど、目の前の相手に対してウソをついていることになる。

 

だって相手は、本当の自分を隠した状態に魅力を感じて好きになってくれたのだから。

 

 

そもそも、自分自身が『本当の自分』を好きだったら隠すことはしないと思う。そのままの自分で外の世界に出ると思う。

 

もし好きだったら、何といったってオススメ商品でイチオシなわけだから、いっぱい飾りをつけて元の状態を見えなくしたり、きれいで豪華なラッピングで目を引かせなくても、素材を生かした状態で店頭に出すはず。

 

それなのに。

 

オススメ商品、イチオシになり得る本当の自分を隠してしまう。本当の自分を隠して人と接してしまう。

 

 

そうまでして本当の自分を隠す理由は何なのか。

 

そこには、

  • 自己否定(私はダメな人間、今の自分のままではダメ、ありのままの自分でOKと言えないなど)
  • 無価値感(私には価値がない、私はここにいる必要ない、何かが出来る自分じゃないと価値がないなど)

があるからだと思う。

 

 

先日のアロマセミナーでも、ことごとくこれらが出てきた。

 

セミナー最後に自分が気になるオイルのボトルを何本か引いていったとき、一本だけ目を閉じて引いてみた。

 

何となくこっちが光ってる感じがする・・・というオイルを引いて目を開けると、さっきまで「これ、私のテーマ(課題とか学び)のオイルですね」と言っていた、まさにそのオイルだった。

 

全部で50~60本くらいあった中から引いたので、びっくり!!

 

分かってはいたけど、潜在意識って改めてすごいな 笑

 

当面の間、瞑想のときはメリッサ、サンダルウッド、アウェイクンの精油にサポートしてもらおう。

 

 

本当の自分でOK、ありのままの自分でOKと言えるようになったときには、もういろんなキャラクターの自分を使い分ける必要はなくなる。

 

すると、自分の内面の反映である外の世界も、そんな自分にOKと言ってくれるのだと思う。

 

※自分自身でOKを出すか、外の世界からOKと言ってもらうか(コーチングみたいに)、どちらからアプローチしてもいいと思います

 

 

いま本当の自分だと思っている自分は、果たして本当に『本当の自分』なのか。

 

限られた命の時間、可能な限り本当の自分で生きたいと改めて思った、東日本大震災から一年後の今日でした。

タイトルとURLをコピーしました