アロマエンライトメント初級講座を受けに行く

 

先週、京都のManule’aさんのところで、アロマエンライトメント初級講座を受けました!

 

一緒に受けたJさん、Tちゃんとも魂の再開的な出会いで、2人からこのセミナーを受けることになった経緯を聞いたとき、偶然と言えどもちょっと鳥肌立ちました(笑)

 

実は私、1年ほど前に、『香りでナチュラル・アセンション あなたを覚醒させる馨しい秘法/原田 瞳』という本を読んでいて、当時は楽しい本やったなーで終わっていましたが・・・

 

今年9月に受けたシータヒーリング応用セミナーのときに置いてあったアロマがきっかけで、この本を再読しました。

 

そして、このアロマを学んだらいろんなことがつながっていきそうと夢は膨らみ、申し込んでからの1ヶ月間ずっと楽しみにしていました。

 

 

結果は受けて大正解!

めっちゃ勉強になったし楽しかったです♪

 

 

と、当たり前のように書いてますが、セミナーに行く前日には急に不安になったり、いろんな感情が出てきたりしてました^^;

 

頭では楽しみなんだけど、潜在意識が変化・変容を察知し、拒否してたからでしょうか?

 

 

ところで、アロマテラピーのことをちょっと書くと・・・

 

日本でアロマテラピーといえば、一般的には英国式のことを指すそうです。

 

精油は、アロマトリートメントなどで肌に塗布するときは原液で使うことは不可とされており、キャリアオイルで希釈して(薄めて)から使います。もちろん、飲用も不可です。

 

一方、フランス式のアロマテラピーはメディカルアロマとも言われるそうで、ヤングリヴィングのオイルはその流れを汲むため引用も可能、肌に直接塗布するのもOKだそうです。(食品添加物(天然香料)、化粧品として厚生労働省の認可を受けている。ただし、一部不可とされているものもあるので要確認とのこと。)

 

私は、精油をキャリアオイルで薄めたりして使うのは面倒くさいとずっと思っていて、だからか、香りを嗅ぐのは好きだけど、ボディトリートメントはちょっと・・・と敬遠していました。

 

そんなとき、シータヒーリングの応用セミナーでこの濃厚なオイルの香りを嗅いだこと、さらに直接肌に塗布できることを体験し、その後、恋愛中のようにオイルのことが頭から離れなくなりました(笑)

 

 

香りって、最初苦手だとか鼻につくと思っていた香りが、思考が置き換わったりブロックが外れると苦手だと思わなくなるし、気にならなくなるんですよ。

 

これは以前、とある場で「わぁ!思考が変わったら香りも苦手じゃなくなるんや!」とびっくりたまげたことでもあります。

 

私が精油のすばらしいと思ったところは、雨が降っても風が吹いても植物は常にニュートラルであり、その植物から抽出された芳香成分である精油によって、人間がそこ(ニュートラル)に共鳴することを助けてもらえること。

 

そして、思考や感情の引っかかり・ブロックに気付いても気付かなくても変化・変容が起きること。

 

また、身体の内面・外面共にのエネルギーバランスを不足分は補って、過剰分は優しく流してくれるということ。

 

これら全部、「嗅ぐだけでもOK」ということ。

 

なんともお手軽でしょ^^

 

 

例えば、にんじんが嫌いな子供がいるとします。

 

その子がにんじんを食べれるように、お母さんがにんじんを小さく刻んだり、すりつぶして入れたりしてるうちに、にんじんを食べれるようになることってありますよね。

 

香りもそれと同じように、嫌いな香りは好きな香りと混ぜてだましだまし使っていくうちに、その香りを受け入れられるようになるんです。

 

そのときに、香りを受け入れられるようになった理由、つまり思考や感情の引っかかり・ブロックが何であったかというのを、分かっても分からなくてもどっちでもOKというのが私は気に入りました。(理由を知りたかったら掘り下げにも使えるのがまたいい♪)

 

コーチングの良さ、シータヒーリングの良さ、ヒプノの良さ、速読の良さ、アロマの良さ、それぞれの良いところを引き出して、相乗効果を生み出せるのが楽しみです。

 

これら良い部分を有効に使うことで、癒しにとどまらず、仕事の場、ビジネスでも生かしていくことが可能だと私は思っています。

 

無理やりモチベーション上げてなくても仕事がスムーズにはかどったり、効率よく出来たり、営業で仕事が取れたり、納期が間に合ったりするといいと思いませんか?

 

これも広い意味では、夢が叶うということです。

タイトルとURLをコピーしました