反射が起きてると願いが叶わない

 

春名恵です。

 

先週末、キネシオロジー体験会に行きました。

 

そこで印象に残ったことを二つ、メモに残しておきたいと思います。

 

セラピスト、プラクティショナーは、メンタル以外に身体の調整も必要

ひとつは、セラピスト、プラクティショナーは、セッションに入る前にメンタルはもちろん、身体の準備も整えておかないといけないということ。

 

メンタルは、クリアリング(浄化)などという形で多くの方がされていると思いますが、身体の準備を整える(リセットする)ということは案外見落とされているんじゃないかと思いました。

 

私はピラティスを通じて身体を整えることをしていますが、今回の話を聞いて「やっぱりな~」と納得しました。

 

反射が起きてると願いが叶わない

もうひとつは、反射が起きてると意図が働かないということ。

 

人類は生き残るために反射や反応があるそうですが、本来は子供(赤ちゃん?)の頃に統合されているべき反射が残っている大人が多いそう!

 

 

そもそも、反射というのは無意識に起こっているもの。

 

分かりやすい反射といえば、ブラブラさせてる膝を叩いたら、足が勝手に上がるというものでしょうか。(これは統合されるべき反射かどうか分かりませんが、反射のたとえで分かりやすいと思ったので書きました)

 

 

自己啓発やスピリチュアル系では、「願いを叶えるためには意図しましょう」とよく言われます。

 

でも、反射というのは無意識に起こるものなので、それ(反射)が起こっているときには意図が働かない、ということは何となくお分かりいただけるでしょうか・・・?

 

私はこの話を聞いて「なるほど~!!!」と思い、反射というものに興味を持ったのでした。

 

感情的な状態は反射と同じ

感情も、感情的に反応している状態は反射と同じだと思います。

 

日々のあれこれに感情的に反応している状態では、感情をたましいのナビゲーションとして使えません。

 

自分の感情の動きを心電図のように瞬間瞬間で知ることで、たましいのナビゲーションが機能するからです。

 

感情も、反射の場合は「感情的な人」となりますが、落ち着いて反応できるようになると「感情豊かな人」になれると思います^^

タイトルとURLをコピーしました