ヒプノリラクゼーション瞑想について

太陽と海 魂を輝かせる方法

 

~ 瞑想とは、脳・心・体のリラクゼーションです ~

アロマの香りと心地よい音楽に包まれ、リラックスする至福のとき

イメージの世界を旅しながら

脳・心・身体が深くリラックスする時間

どうぞごゆっくりお楽しみください

 

このような方にオススメ

  • ストレスを緩和したい方
  • 日々忙しく集中力を要する方
  • もうひと仕事に備えたい方
  • 効率よく深くリラックスしたい方
  • とにかく深く深くリラックスしたい方
  • ヒプノセラピーがどのようなものかイメージを知りたい方

 

この瞑想で期待できること

  • 地に足をつけ、自分の中心を感じることが出来るようになる
  • 体や心のコリが取れやすくなる
  • 集中力の回復
  • 質の良い睡眠
  • 翌朝のスッキリした目覚め
  • 脳も心も体もスッキリ

 

無にならなくていい瞑想

この瞑想は、誘導瞑想で進めていきます。

 

誘導瞑想とは、ガイドによるアナウンスの元に、イメージを繰り広げながら自分に集中していく瞑想です。

 

リラクゼーションが目的のため、必ずしも無になる必要はありません。眠っていただいても大丈夫です。

 

ヒプノリラクゼーション瞑想で深くリラックスすることによって休息モードである副交感神経が優位になり、ストレスからも解放されます。

 

集中してやるべきことができるようになるために

私たちの日中の活動中は、自律神経のうち交感神経(活動モード)が優位な状態です。

 

規則正しく快適な毎日を送っている方であれば、活動中の交感神経とリラックスの副交感神経がうまく切り替えられ、自律神経はバランスよく働いてくれるもの。

 

ところが、現代のように昼も夜も関係ない生活スタイルや、夜になったからと言って即ストレスから解放される訳ではない毎日によって、自律神経のバランスが崩れている方が多いです。

 

また、夜になってもテレビやパソコンなどから目に光が入る現代の生活スタイルは、常に交感神経(活動モード)が働いている状態です。

 

そのため、意識して活動モードの交感神経を休息モードの副交感神経へと切り替えないと、いつまでたっても体も心も脳も休まらないのです。

 

 

この交感神経を副交感神経へと切り替える働きを促してくれるもの。

 

それが、ヒプノリラクゼーション瞑想です。

 

 

ヒプノリラクゼーション瞑想で20~30分ほど目を閉じ、完全にリラックスしきることによって、瞑想後に目を開けたときには驚くほど脳も心も体もスッキリします。

 

集中力も回復し、仕事もはかどります。

 

所要時間も20~30分という仮眠程度の長さのため、夜に寝れなくなるということもありませんし、瞑想後もう一仕事ある方でも安心して受けていただくことができます。

 

 

ヒプノリラクゼーション瞑想は、心理療法であるヒプノセラピー(催眠療法)の導入部分の要素を取り入れています。

 

日常生活を普通に送っておられ、心理療法は私には関係ないわという方にも気軽に受けていただいています。

 

体験者の声

  • 瞑想は眠りに入るのが早くなってきました。目が開いてるうちに眠ってるかも。気持ちよくなれるので良いです。(20代男性)
  • 瞑想中は、言われていることと違う風景もたくさん出てくるけど、毎回マイペースに楽しんでます。(30代男性)
  • 瞑想効果なのか分からないけど脳がスッキリした。リラックスしすぎて途中で寝てしまった。(30代女性)
  • 途中で暑くなったけど、今日はとてもリラックスできました。(40代男性)
  • 瞑想で授業の疲れが吹っ飛んだのにはびっくりです!(40代女性)
  • 普通に睡眠とるより、こっちのほうが深く寝れた!(50代女性)
  • 普段足が痛くて歩くのが辛いけど、瞑想のイメージの中ではスイスイ歩けて気持ちよかった(60代男性)
タイトルとURLをコピーしました