No.24:豊かさをお金に換えるパッケージ法

明石海峡大橋 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

さて、前回の問いを書き出してみて、いかがでしたか?

 

– – – – –

 

5)時間が長く感じられる程やっていて苦痛なこと、やりたくないこと

 

6)時間を忘れる程やっていて楽しいこと、好きなこと

 

– – – – –

 

本音で、何も制限なく、何でも叶うという前提で書かれましたでしょうか?

 

 

ちなみに、私の回答はこのようになりました。

 

– – – – –

 

5)時間が長く感じられる程やっていて苦痛なこと、やりたくないこと

  • 結論が出ない話に長々と付き合うこと
  • 料理
  • 小さい子供の面倒を見ること

 

6)時間を忘れる程やっていて楽しいこと、好きなこと

  • ブログ・メルマガ・ホームページの文章を書く作業(パソコン使用、推敲時間を含めて)
  • 自己対話から出てきた言葉のアウトプット(自分に対してする場合も、他人がそれをする際に手伝いをすることも含めて)
  • 夕焼けを見ながらの散歩
  • 本屋さんにいること
  • 睡眠
  • かぎ針編み(これは2017年現在。2018年はちょっと違ってきた)
  • オリジナル講座やメニュー、アイデアを考えること
  • 感情を癒し、解放されるワークを考えること
  • 片付け(断捨離)

 

– – – – –

 

さて、私たちは雇われて会社で働いていたときには、苦手を克服したり、周りと歩調を合わせることを求められてきたと思います。

 

でも、会社という組織から独立し、個人として仕事をしていく場合は『5)時間が長く感じられる程やっていて苦痛なこと、やりたくないこと』は、それが好きな人・得意な人に任せるという選択肢が生まれます。

 

お金に余裕がなくて時間がまだある最初のうちは、自分でやることになるかもしれませんが^^;

 

それでも、「これはやっぱりやりたくない」ということは、それが好きな人・得意な人に任せることで、自分の好きや得意にエネルギーを注げるようになり、結果、商品やサービスの向上にもつながります。

 

任された、それが得意な人・好きな人にも豊かさが循環しますしね^^

 

 

ということは。

 

逆に、自分の『6)時間を忘れる程やっていて楽しいこと、好きなこと』が誰にとって一番喜ばれるのか?

 

誰が喉から手が出るほどそれを欲していて、誰が一番ワクワクしてくれるのか?

 

その『誰に』を見つけることで、あなたの好きや得意は、お金に換えることができるようになります。

 

 

ただし、『6)時間を忘れる程やっていて楽しいこと、好きなこと』をアウトプットしたままでは、スキルをお金に換えるという状態に留まります。

 

一方、スキルではなく、豊かさをお金に換えていくためには『誰に』に合わせて、これらをパッケージし直す必要があります。

 

たとえば、お歳暮だって、海苔の缶がただ缶のまま一本あったとしても「だから何?」ってなりますよね^^;

 

『6)時間を忘れる程やっていて楽しいこと、好きなこと』をアウトプットしたままの状態とは、それと同じことです。

 

でも、これを『焼き海苔』『味付け海苔』『わさび味海苔』などと、お客さまの好みに合うだろう形で箱詰め(パッケージ化)することで、「それ、探してたやつ!」と見つけてもらいやすくなり、手に取ってもらいやすくなります。

 

つまり、仮説でもいいので『誰に』を明確にし、その人が求める形のパッケージにすることで、スキルではなく、豊かさをお金に換えられるようになるのです。

 

ちなみに、パッケージするためには『6)時間を忘れる程やっていて楽しいこと、好きなこと』で、「そもそも、それの何が好きなのか?」を言語化するとよいです。

 

たとえば、読書と一口に言っても、知識を得られるのが好きなのか、作家さんそれぞれの言い回し・表現という日本語のバリエーションを楽しみたいのか、本の構成や挿絵、表紙デザインを見るのが好きなのかなど、好きのカタチはいろいろあるからです。

 

そうやって、「結局、自分は何が好きなのか?」を言葉に出せるようになると、『誰に』に合わせた商品・サービスも作りやすくなるし、それが、他社とは違うオリジナルになっていきます。

 

 

個人で仕事をする場合、協会とかの商品・サービスだけでは、価格で比較されることは免れません。

 

だからこそ、それプラス、オリジナルものを持つこと=他社(他人)との違いを持つこと、オリジナルを生み出す視点を育むことが、長い目で見た場合に大事になってきます。

 

 

 

では、本日の問いにいきましょう。

 

こちらです。

 

– – – – –

 

7)今までどんな人に憧れたことがありますか?

 

– – – – –

 

これを書き出してみてください。

 

もし、個人名が出てきたらその人の特徴を、何人か憧れの人が出てきたら、その人たちの共通点を書いてみてもいいと思います。

 

それでは、次回もお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました