シータヒーリングのセッション受けてみた

花、高山植物園 魂を輝かせる方法

 

先日、シータヒーリングの個人セッションを受けてきました。

 

シータヒーリングってどんなもの?については、いろんな人の記事があるので、興味があれば検索してみてください。

 

私の感想は、以下に書いてみたいと思います^^

 

パソコンにたとえると分かりやすいセッション

私自身の感想というか印象は、

パソコンのプログラムでバグ発見

修正プログラムをインストール

という感じでしょうか。

 

セッション後は眠くてフラフラになりながら帰り、帰ってからも3時間爆睡しましたが、シータヒーリング、なかなかおもしろかったです。(セッション中はおもしろいどころではなかったですが^^;)

 

目の前に起こっている現実は自分が創っている

自分が、問題を問題たらしめている

 

そんなことがはっきり見えてびっくりしました・・・

 

身体は大人でも、感情反応が子供のまま止まっている

なぜそこが問題となるの?

なぜそこにひっかかるの?

 

よく『性格』という言葉で片付けられますが、それらの多くは、幼少期などに身につけた思い込みから感情反応するものとも言えます。

 

小さかったときに、よかれと思ってやったことで受け入れてもらえなかったこと。

小さかったときに、もうこんな悲しい思い、辛い思いはしたくないと決意したこと。

 

この当時の思い込み・決意を無意識のうちにたくさん携えたまま、私たちは大人になっています。

 

気になるかならないか、向き合わざるを得なくなるかならないかは別として、誰にでもあります。

 

身体は大人になっているから「大人だ」と思っているけど、目の前の出来事に対しての反応は、幼少期に身につけたままで反応している(幼少期でフリーズしている)ことが多いんです、実は。

 

  • 信念
  • ビリーフ
  • リミッティングビリーフ
  • 固定観念
  • メンタルブロック
  • 無意識の公式
  • 心の壁
  • 心のブレーキ
  • 思い込み

などと言われるのもそれですね。

 

ちなみに、今回セッションを受けたことで、思い込みや決意は幼少期に身につけたものだから、極端なものが多いことも分かりました(汗)

 

氷山の一角とベースでたとえてみると

今起こっている出来事、今問題だと思っている出来事(日常で愚痴としてで出てくること)というのは、氷山の一角です。

 

氷山という全体に対しての一角でしかないんです。

 

その氷山の一角(目の前の出来事)に対して、あーしようこうしようといくら対策を練っていろいろ変えてみたところで、氷山のベースを解消しない限り、問題はいつまでも問題として現れ続けます。

 

 

では、氷山のベースとは何か?

 

それが、幼少期に身につけた思い込みや決意です。

 

簡単に言うと、相手の態度や言動をどう解釈するクセがあるかというものです。

 

 

今回のセッションで、芋づる式に氷山のベースがありありと見えてきたことにびっくり!

 

氷山の一角からベースへ降りていくときに自分の思考のカラクリが見えて、「この苦痛な現実も、すべて私が望んで創造してました。参りましたー」って感じでした^^;

 

思考のクセ

私の思考パターン(思考のクセ)のひとつで出てきたのは、

弱みを見せたら攻撃される

というものでした。

 

へ?

誰に?って話ですよね^^;

 

先ほども書いたように、思い込みや決意は幼少期に身につけたものだから、こんなふうに極端なものがたくさん出てくるわけです。

 

弱みを見せたら攻撃される(と思ってる)から、意地でも弱みは見せない!見られてはいけない!攻撃されるから城壁を高くいっぱい作らなきゃ。戦う道具もそろえなきゃ。

 

そんな感じ^^;

 

 

その決意は、小さかったときは自分を守るために必要だったかもしれないし、当時は親に頼らないと生きていけなかったから必要だったかもです。

 

弱みを見せずに頑張るということは、親からすれば「努力して偉い」って見えるかもだし、城壁高く作って戦う道具をそろえるということは、万事に備えてる様子に見えるだろうし。

 

でも、大人になった今は、もうその頃と同じ反応をする必要もないかもです。

 

今、目の前にいる人は親ではないし、その当時の出来事ではないにも関わらず、子供の頃に身につけた感情反応が無意識のうちに出ることで、いろいろ不都合も出てくるわけです。

 

今回の私が、まさにそれ。

(不都合が『人間関係が上手くいかない悩み』として現れていた)

 

 

氷山の一角に対してどうこうすると、一時的にはよくなったように見えるかもしれないですが、結局はまた元に戻ります。

 

でも、ベース部分に気づき、幼少期の感情反応がもう必要なければ手放していくことで、表面に現れる一角も変わります。もしかしたら、その一角は消失してしまうかもしれません。

 

その手放す方法として、シータヒーリングは有効だと思いました

 

これは、このとき以来の朗報^^

 

上手く説明できないんですが、ヒプノとはまた違った感じです。

 

ということで、5月のクリアリング(メンタル浄化)月間、もうちょっとクリアリング続きまーす^^

タイトルとURLをコピーしました