残暑見舞い@2017(1)×ボタニカルアート自習作品

残暑見舞い:神戸の筆文字教室・年賀状講座 筆文字 年賀状/ありがとう 他

 

春名恵です。

 

筆文字&パステルカラー

筆文字&カラー筆ペン

筆文字&ハンコ

といろんな組み合わせをやってきましたが、今回は筆文字とボタニカルアートの組み合わせ。

 

 

元々は、植物図鑑に載せる図とか、植物の肖像画とも言われるボタニカルアート。事実をありのまま描くものがボタニカルアートですが・・・

 

たとえば目の前のものを見て『りんご』と認識してるのに、口から言葉で出てきたのが『いちご』だった。「りんごって言おうとしてたのに、いちごって言ってもた・・・」みたいな状態を絵を描いてるときに感じている私は、インプットとアウトプットが一致しないのがもどかしい^^;

 

入力した情報をそのままの状態で出力できるようになるために、どこの何を見たらいいか?などと考えていたとき、もしかしたら絵を描くことって、視点を様々に動かせるから悩みから抜け出すきっかけになったり、頭の活性化になるのかも?と思ったのでした。

 

テッポウユリの葉で残暑見舞い作成

残暑見舞い:筆文字

 

葉は、こちらのテッポウユリの葉。

 

教室で学んだ翌日、忘れないように練習しました。

 

 

テッポウユリの葉

 

ここまでで1時間。

 

 

さらに1時間。

 

テッポウユリの葉

 

合計2時間かけて完成したけど、ヘトヘトです・・・^^;

 

 

ちなみに、応用クラス2でもするように、色は基本の3色+黒色・白色で描きました。

アクリル絵具

 

 

こんな感じで完成したのを・・・

 

テッポウユリの葉

 

 

筆文字とカラーを追加して、残暑見舞いに仕上げました。

 

残暑見舞い:筆文字

 

リアル植物と筆文字って意外に合うかも?

タイトルとURLをコピーしました