No.5:キャッシュポイントを意識するとお金のブロックは無くなる

海 好きを仕事にしたい

 

おはようございます。春名恵です。

 

清々しい5月。

 

昼間は暑いですが
夕方の散歩は
めちゃくちゃ気持ちいいです^^

 

毎日違う表情を見せてくれる
夕焼けを見れることが
生きる歓びぐらいに感じている
私です。
(大げさ? 笑)

 

ということで、今日は
「キャッシュポイントを意識すると
お金のブロックは無くなる」
というテーマでお届けします。

 

– – – – –

 

『キャッシュポイント』という言葉、
ご存知ですか?

 

ごくごくカンタンに言うと
『報酬、売り上げが発生するところ』
です。

 

雇われている場合と
独立・起業した場合の
キャッシュポイントの違いを知ることで
回り道しなくてよくなります。

 

ということで、
書いてみたいと思います。

 

 

さて、
就職活動や転職活動をして、
その会社で働けるようになるまでの
順序としては

 

1)会社をリサーチ(募集要項見る)
2)応募(履歴書書く&送る)
3)面接(御社でどう役に立てるか言う)
4)合格(採用)
5)働く(スキル発揮&スキルアップ)

 

と、こんな感じだと思います。
ざっくりですが。

 

この場合の
キャッシュポイントは
定期的に決まった給料日です。

 

ちなみに
キャッシュポイントが確定するところは
『面接に合格したとき』
です。

 

面接に合格さえすれば
そこから決められた日時に出社している限り、
もしくは
決められたボリュームの仕事をしている限り、
定期的にお給料を支払ってもらえます。

 

 

では、
独立・起業した場合の
キャッシュポイントと
キャッシュポイントが確定するところは
どこだと思いますか?

 

まず、
キャッシュポイントは、
『お客さまにお金を支払ってもらったとき』です。

 

だからこそ、
『これが私のしたいこと!』
『これが私の好きなもの!』
をそのまま売るのではなく・・・

 

お客さまが欲しい形、買いたい形に
見せ方を変える必要があるし
そのためのリサーチも必須です。

 

 

そして、
キャッシュポイントが確定するところは
お申し込みをいただいたときです。

 

ただ、雇われているときとの違いは
キャッシュポイントが確定しても
申し込みキャンセルなどで
取り消しもあること。

 

確定とはいえ、
仮確定という感じでしょうか。

 

だから、キャンセルされない工夫が
必要です。

 

が!

 

理想は
「もう楽しみで、楽しみで。
キャンセルという発想すらなかった!」
という状態で
お越しいただくことです。

 

もちろん、
そうなるためには
こちらが準備することは
たくさんあります。

 

上記の
1)会社をリサーチ(募集要項見る)
2)応募(履歴書書く&送る)
3)面接(御社でどう役に立てるか言う)
4)合格(採用)
5)働く(スキル発揮&スキルアップ)

で言うと、

 

サービス提供者のあなたは、
1)の前を
準備する必要があるからです。

 

たとえば
1)の募集要項を作る=事業内容は何か?
とか
どういう人に来てほしいか?
などの
文章を書き起こす作業も
そのひとつです。

 

 

さて、特に、
親が経営者でも商売人でもなく、
自分もサラリーマン生活の後で
好きを仕事にしようとした場合、

 

多くの人は
『自分が売りたいもの』
を売ろうとします。

 

例にもれず、私も
その道を進んだひとりでして・・・^^;

 

でも、そうしている限り、
サービスが売れることはありませんでした。

 

 

そんな経験から得たことは
売りたいものを売る
ではなく、

売れるものを売る
売れる形にアレンジして売る
という視点でした。

 

 

独立・起業した場合の
キャッシュポイントが
『お客さまにお金を支払ってもらったとき』
である以上、

 

「買ってよかった!」
「受けてよかった!」
「習ってよかった!」
と心から
言っていただけるようになるために

 

自分が出来ることは何か?を
もっと真剣に考える必要があると
本当に本当に痛感しました。

 

 

上記の視点を
意識できるようになったことと、

 

自分が出来ることを真剣に考える
きっかけを得たことで、

 

結果として
お金のブロックがどうとかと
悩んでいる暇がなくなったのでした。

 

それでは、次回もお楽しみ♪

タイトルとURLをコピーしました