自作自演

 

 

春名恵です。

 

今日は尾崎里美さんのイメージングセミナーへ行きました。

 

やる気モチベーションはいらない!その気になる!

 

という言葉が最初にあって響いたので、以下にメモ書きと私のコメントを残しておきたいと思います。

 

自分を台本を書いて演じている

私はこんな性格、私の人生はこうだからとか、周りに現れる人物設定などは、地球上ではみんな自分で書いた台本の主役を演じている。

 

しかも、その気になって演じている。

 

でも、どうせ演じるのなら、素敵な役を演じよう。

 

今の自分の役が望んでいるものでないのなら、自分で台本を書き換えればいい。

 

そのとき注意することは、恐れから書き換えるのではなく、愛に基づいて書き換えること。

 

恐れは、△△にならないように、○○をする愛は、私は○○をする(したい)

例:『戦争反対』ではなく、『平和』

 

恐れがあることに気づいたら、一旦それ(恐れを持っていること)を受け入れる。認める。

 

良い悪いのジャッジは意識がしていて、ジャッジをすればするほど、意識とちっちゃいおっちゃん(潜在意識)は葛藤を起こすようになり、ストレスになっていく。

 

そうなると、必ず潜在意識が勝つ。(△△が現実化する)

 

だから、葛藤を手放す。

ジャッジしない。

 

その他諸々・・・

 

例えば、

恐れ:風邪を引かないように注意しよう

愛:健康でいる

です。

 

これ、意識的には言っている内容は同じかもしれないけれど、潜在意識には伝わる意味、潜在意識が受け取る意味はまったく違います。

 

恐れの例は、まず風邪を引いていることをイメージしてしまう。でも、愛の例は、健康だけをイメージできる。

 

 

日々どういうイメージしているかで、起こる結果(現実)が変わってきます。

 

恐れからイメージ・言葉を発しているか。

愛からイメージ・言葉を発しているか。

 

もし、恐れに基づくイメージ・言葉を発していることに気づいたら、「無意識に自分は恐れを持っていたんやなぁ」 と認めてあげることが大事。

 

恐れが良いとか悪いとかではないです。

ただ恐れがあった、ただそれだけ。

 

私も自分の感情と向き合う作業をし始め、過去の感情的に重い体験を紐解く作業を通じて、自分の中の恐れを受け入れる、認めるということが少しずつできるようになってきたと思います。

 

少しずつですけどね^^;

 

ホント、自分の書いた台本だなって実感してます!

 

 

さて、どんな台本でも演じれるんですが、それでもまだそんなこと信じられないあなたに質問です。

 

もしもの話で。

 

もしどんな台本の役を演じてもいいと言われ、もし自分がやりたい役を演じられる世界があるなら、あなたはどんな役を演じたいですか?

タイトルとURLをコピーしました