修正できるのがいいですね♪

受講生の筆文字作品 筆文字:感想&レポ

 

春名恵です。

 

昨日は、基本クラス1day講座を開催させていただきました。

 

受講生さんの作品を紹介していきますね♪

 

基本クラス:1day講座

Lesson1

うまれてきてくれてありがとう:筆文字

うまれてきてくれてありがとう

 

これは、子供がいない人でも「この人がいてくれたからこそ、今の私がある」という人に人気のカードです。

 

Lesson2

あけましておめでとうございます:神戸の筆文字教室・年賀状講座

 

 

あけましておめでとうございます:神戸の筆文字教室・年賀状講座

 

来年の干支は戌(いぬ)です。

 

申(さる)年から始めた干支イラストは、実際に使用される受講生さんの声をヒアリングしながら、毎年イラストレーターさんと相談して案を決めています。

 

今年のテーマは、簡単&シンプル

 

ということで、「講座の中で描いて終わりでなく、実際に年賀状を描くときにも使っていただけるように」という願いから、まず、線の数を少なくしています。

 

Lesson3

誕生日おめでとうございます:筆文字ハガキ

誕生日おめでとうございます

 

Lesson4

ご縁に感謝:筆文字ハガキ&カード

ご縁に感謝

 

「ハンコやインクの組み合わせを考えてたら終わりがないですね!でも楽しい!」と、想いをカタチにされていました。

 

どれもかわいく仕上がりましたね!

 

書道と筆文字、どう違う?

こちらの受講生さんは、子供の頃、書道の先生をしていたおじいちゃんにお手本を書いてもらって、何ヶ月か練習した後しなくなり、また何ヶ月か練習した後しなくなり、ということを繰り返していたそうです。

 

そんな書道経験もあった上で今回筆文字を習いに来られ、「筆文字は修正できるのがいいですね」とおっしゃっていました。

 

 

「修正できる」というのが、気楽に始められて、気楽に続けられる筆文字の特長かもしれません。

 

 

この講座へは、書道の先生や段をお持ちの方(なぜか2段の方ばかり)が習いに来られることが多いのですが、「まったく別物として楽しんでいる」と言われます。

 

この答えこそ、書道と筆文字の違い。

 

書道と筆文字は、同じ土俵で比べるものではなく、まったく別物です。(中国の餃子と日本の餃子、インドカレーと日本のカレー、みたいな感じかも?)

 

 

また、「2段というと『字が上手』と思われがちだけど、実際の字はヘタで・・・。周りの期待と実際の汚文字とのギャップに悩んできたけど、この筆文字を習ったことで、自信を持って一筆書けるようになったのがうれしい」ともおっしゃる方も多いです。

 

書道に関心を持たれる方は、元々、字を書くことが好きな方が多いです。

 

だからこそ、修正OK!色も使って自由に表現できる筆文字の世界を、もっと多くの人に楽しんでいただきたいです^^

タイトルとURLをコピーしました