速読とはなんぞやセミナーやってみました

 

春名恵です。

 

4月になってひと段落ついたはずなのに、何だかんだといろいろやってます。

 

この日は、いつもの45分の速読サークルではなく、50分という時間をお借りして、速読とはなんぞや?というセミナーをやってみました!(派遣先の会議室で)

 

一応のメインテーマは、【自分の中の日本語を思い出すってどういうこと?】と設定してみました。

 

このテーマにしたのは、普段速読サークルに参加されている方が、レッスン後の感想欄に質問として書かれていたからです。

 

 

参加くださったのは、この方を含め3名さま。

 

みなさんそれぞれ部署はバラバラですが、業務の合間に来てくださいました。

 

いつもの速読レッスンでもそうですが、業務の合間にでも参加してくださるのは、本当にありがたくうれしいものです。

 

速読とはなんぞや?セミナーのレポ

まずは、【コミュニケーションで陥りやすい、根本的な問題点を知る】というテーマでの簡単なワークを最初にやっていただきました。

 

それから、

  • 自分の中の日本語を思い出すってどういうこと?
  • イメージするってどういうこと?
  • 速読って技術が必要?
  • 速読とヒプノセラピーとイメージングって何かつながりあるの?

と話をつなげていきました。

 

ちょっと前からノートにネタは書き出してましたが、この週に限って急ぎの仕事が多く、急きょ土日出勤にもなったりで思うように準備が出来ず・・・

 

前日夜になってから、発表用の紙に一気に書き出して練習しました。(少なくともWORDで入力までしたかったけど、間に合わなかった・・・)

 

練習後は、おなじみのイメージング瞑想をしっかりしてから眠りにつきましたよ♪(こちらは数日前から寝る前に練習をやってました)

 

速読とはなんぞや?セミナーを終えて感想

私の感想は、

  • セミナー形式で、話をまとめ人前で話すことの難しさを痛感
  • ワークでは、コミュニケーションでの盲点を伝えたはずなのに、私自身が人に伝えることの難しさを改めて実感

 

逆に良かったことは、

  • 50分の時間感覚が分かったこと(速読レッスンの45分の時間感覚とはまた違う気がした)
  • 受講された方々の反応をリアルに感じられたこと
  • 私自身、次の行動に移れるきっかけとなったこと

です。

 

50分という限られた時間では、ホワイトボードに書く図や文字は最低限のものとなってしまうのですが、終わった後に「あれは書いた方がよかったな」と反省した部分もあったので、GW中にでもパワーポイントに内容をまとめてみます。

またどこかでやるんや、私 笑

 

明るくなる気持ちならGO!

とりあえずでも、自分の気持ちにGOサインが出てたらやってみるのが大事。

 

私の中でのGOサインは、明るくなる気持ち。

 

その気持ちを目印にして行動してみることで、何かしらのヒント、答え、方向性が見えてくるんだなぁということを実感しました。

タイトルとURLをコピーしました