オブジェクトをクリックできないとき確認すること

パソコン画面 AutoCAD 操作コツ

 

春名恵です。

 

AutoCADで、オブジェクトをクリックできないときってありますよね?

 

特に納期が迫ってる場合、「なんでここで足止め食らうの!?」と発狂しそうになりますよね(笑)

 

そんなときは、これを確認してみてください。

 

オブジェクトを選択できないときに確認すること

レイヤーにロックがかかってないか?をチェックします。

 

確認方法

レイヤー表のドロップダウンリスト(▼で出てくる表)、画層プロパティ管理、コマンド「layer」のいずれかで、オブジェクトをクリックできないレイヤーを確認します。

 

すると、鍵が外れたマークが通常なのに、鍵がかかったマークになっているはず。

 

鍵がかかったレイヤーはロックされているため、そのレイヤー上にあるオブジェクトはさわることができません。

 

これまで行った派遣先でも、「なんで要素さわられへんのやー!?」と困っている社員さんが多かったので書いてみました。

 

知ってしまえば「何だ、それだけか」

こんな感じで、本当に単純なことの積み重ねだけで、CAD操作が遅い・・という悩みから抜けられますよ^^

タイトルとURLをコピーしました