帯状疱疹

 

先週金曜日(10/29)、はじめて帯状疱疹になりました。

 

最初、帯状疱疹と分からなかった私は、金曜から月曜の朝まで「何なんやろ・・・?このビリビリくる痛みは・・・」と、これまで経験のない痛みに訳分からないまま、レイキをしていました。

 

自分で言うのもなんですが、痛みについては私はかなりガマン強い方だと思います。

 

その私が痛いー!と言ってしまうぐらい痛い・・・(--;

 

 

左側の胸下~下腹あたりの前面&背面がむくんでるように感じ、ミミズ腫れができてる左下腹あたりが特に痛い。

 

むくんでいるところも、ミミズ腫れできてるところも腹筋周りなので、寝ても起きても歩いても座っても何しても痛い。日に日に痛み度がUPしてます(汗)

 

月曜日になって、「今日の夕方まで様子見て、痛みが引かなかったら明日朝に病院へ行こう」と思っていました。

 

そして会社に着いて更衣室に入ると、久しぶりにMさんに会いました。

 

 

Mさんに「こんなところにミミズ腫れが出来てて・・・」と見せたら、「それって帯状疱疹ちゃうん?」って言われました。

 

友達が帯状疱疹になったことがあり、3日ほど学校休んでいて、とっても痛かったらしいとのこと。

 

そこで初めて、この痛みとミミズ腫れがどうやら関係してるらしいことを知り、とりあえず、病名がちゃんとあるらしいことにホッとしました^^;

 

ネットで調べてみると「1日も早い診断と投薬が必要。手遅れになると神経痛が後々残ることがある。」みたいなことが書かれていて、怖くなった私は、早退させてもらってすぐに病院へ行きました。

 

病院の先生は、私が症状を記入した問診表を見ただけで、帯状疱疹だと分かったそうです。すごい。

 

その後、薬を処方するために腎臓に問題ないかの検査をし、また診察室へ戻り、それから薬局で薬もらい、結局帰宅したのが15時過ぎ。

 

薬代も7,000円超えでした・・・(7日分)

 

健康保険きいて、診察料(初診料含)+薬代=12,000円越えにはびっくりです!!

 

 

帯状疱疹は、みずぼうそうにかかったことのある人はなる可能性のあるものだそうで、みずぼうそうが治った後でも背中の神経節に潜んでいるウィルスが、免疫力が低下したときに復活して暴れ出すそうです。

 

症状の最初に神経を損傷するから、ビリビリ痛みがあるとのこと。

 

そして、神経に沿って帯状にブツブツが出来るというのが、帯状疱疹という名前の由来だそうです。

 

単純ヘルペスとは関係ないらしく、空気感染も無いとのこと。

 

ただし、ウィルス自体はみずぼうそうと同じなので、みずぼうそうにかかったことない人が直接患部に触れて体内に取り込むと感染するそうです。

 

 

帯状疱疹は、腕など空気に触れる場所に症状が出た人は、風が吹いても痛いらしい・・・

 

私の場合は、ブツブツは下腹部なので風が吹いても大丈夫ですが、でも痛みは想像できる・・・

 

帯状疱疹はめったなことではならないらしいけど、過度のストレス・疲労、加齢による免疫力低下で発症すると、同じ職場のNさんがくれた健康雑誌に書かれてました。(ちょうど帯状疱疹の記事が書かれてたのでくれた)

 

 

加齢については37歳になったところだから、プラス一歳年齢が増えた事実はある(笑)

 

ストレスについては、最近は都度解消してるし、そもそもストレス自体もあまり感じてないから、これは違うと思った。

 

疲労については、こうなるまでは特に感じてなかったから違うと思ったけど・・・。でも、最近ちょっと出歩き過ぎてたかも・・・と心当たりある^^;

 

出歩き過ぎてた理由は、遊びというより、ヒプノセラピーなどの勉強のためが大半なのです^^;

 

ただ、ここまでしないと(帯状疱疹という症状まで示さないと)、私が出歩くのは止めないし、身体が疲れているのに気付かないと思ったのでしょうね、潜在意識さん的には。

 

これでしばらく、会社と家との往復だけになりそうです。

 

 

実際、帯状疱疹後は、ちょっとの距離でも移動するのが痛いししんどいし、休みで家にいる時はほとんど寝てます。

 

昨日、今日のブログも一度には書けず(ずっと座ってると痛い)、寝て起きて書いての繰り返しで仕上げました。(そこまでして書かなくてもいいって?)

 

こんだけ昼寝ても、夜はちゃんと寝れるのが不思議。

 

まぁ痛みがあるから眠りは浅いんですが、でもなんぼでも寝れるので、身体がやっぱり疲れてたのかなぁと納得しました。

 

 

これからは、心の声だけでなく、身体の声ももっとちゃんと聞いてあげようと大いに反省。

 

ということで、今は薬飲むのと塗るのと並行して、レイキで身体の痛い部分に「いつもがんばってくれてありがとう」エネルギーを送っています。

 

しばらくは身体をゆっくり休め、次に動くときにぱっと動けるように備えるとします^^

 

タイトルとURLをコピーしました