久しぶりのデザート!

ごま団子&プリン グルテンフリー体験記

 

春名恵です。

 

昨日は、クライアントさん宅にてコーチングセッション。

 

お茶タイムのとき、久しぶりにデザートをいただきました。

 

普段はデザート食べてるの?

今年の5月にグルテンフリー生活を再開した私。

 

開始から46日目以降はグルテンフリーという枠を超えて、体質改善という意識で食生活を送っています。

 

なぜなら、食生活はこれからもずーーーっと続いていくものだし、続かなければ結局元に戻ってしまう・・・と、これまでの歴史を振り返って思ったのですね^^;

 

で、体質改善って具体的になんぞや?という答えとしては、『舌先で食べ物をよく味わって食べる』ことをしていました。

 

 

5月から再開して約3ヶ月。

 

この期間、昼食~夕食の間でたまにお腹が空いたときは、くるみ、カカオ90%以上のチョコ、バナナ&ヨーグルト、桃など、できるだけ素材に近いものを間食としていただいていました。

 

クーラーかけずに、まっ昼間に掃除機かけて汗ダラダラのときは、数回、抹茶のかき氷を食べましたが 笑、『ザ・デザート』というデザートは一切口にしていません。

 

もちろん、食事の一食をお菓子に置き換えるということもしていません。

 

それをやって思ったことは、「今は我慢・・・」って思ったら我慢が解けるまでが辛いけど、「これから食べない」って決めたら、逆に『苦』がなくなった気が。

 

今は、お客さまが目の前でお菓子を食べているのを見ても、全然平気です。

 

 

過去に、ボーナスが飲み代でほぼ全部消えたとき、お酒でも同じようにやったことがある私。(アルコール依存ではないですよ 笑)

 

そのときも「もう飲まない」って決めたら、苦なくやめられました。

 

私の現在のお酒との付き合い方は、人と食事をするときに飲みたかったら飲む、飲みたくなかったら飲まないというスタンス。

 

あれから15年経ちますが、お酒はあってもなくても全然平気になりました。

 

ごま団子&プリンをいただいて

ごま団子&プリン

 

さて、ザ・デザートというデザートは一切口にしていなかった3ヶ月でしたが、昨日久しぶりにごま団子&プリンをいただきました。

 

打ち解けておしゃべりしながら&味わって食べていたからかどうか分からないですが・・・

 

私にとってびっくりだったのは、「食べてしまった・・・」という罪悪感が一切なかったこと!!!

 

食べてるときは気づかなかったですが、帰り道に「あ、罪悪感ない!」って気づいたのでした。

 

 

これまでダイエットでは、「あー・・・また食べてしまった・・・。もういいや!止め!止め止め!」と、積み上げてきたものをガラガラ~っと自分で崩すことが多かった私^^;

 

私のダイエット&体質改善の歴史上、デザートを食べて「おいしかったー♪ごちそうさまでした♪」って罪悪感持たずに言えたことって、たぶんはじめて。

 

自分のことながら、本当にびっくりしました!!!

 

なんか感動ー(TOT)

ここまで頑張ってきてよかった(TOT)

 

体質改善って、「1週間がんばって終わり!」とか「3ヶ月がんばって終わり!!」とかではなくて、ずっと続くもの。

 

だから、今回みたいに出されたものを「これ食べたらまた太る・・・」と思いながら食べるのではなく、「おいしかった♪」といただけたことが本当にうれしい。

 

自分に「よくやった。おつかれさん!」と言ってあげたい出来事でした!←自画自賛 笑

 

罪悪感をなくすには?

  • また食べてしまった・・・
  • また飲んでしまった・・・
  • また吸ってしまった・・・
  • また片付けられなかった・・・
  • またやってしまった・・・

 

大人になると、そんなふうに何かしらの罪悪感を抱えながら生きている人って多いと思います。

 

「やらないようにしよう」「しないようにしよう」って押さえつけるほど、罪悪感はどんどん大きく膨れ上がっていくものな気がします。

 

 

じゃぁ、この罪悪感。

なくすにはどうすればいい?

 

の私の考えとしては、本気で好きなことを本気でやるです。

 

 

置かれている立場や環境によってはすぐできないかもですが、それでも、本気で好きなことを本気でやれると、自分に許可を下ろせる(OKを出せる)ようになると思うのです。

 

そうして、とてつもない大きな大きな許可が下りると・・・

  • 食べてもいいし、食べなくてもいい
  • 飲んでもいいし、飲まなくてもいい
  • 吸ってもいいし、吸わなくてもいい
  • 片付けてもいいし、片付けなくてもいい
  • してもいいし、しなくてもいい

と自然に思えるようになる。

 

今回、「食べてしまった・・・」という罪悪感が一切なかったことから、そんなふうに思いました。

 

 

メルマガでも書いたことですが、私の『本気で好きなことを本気でやる』は、かぎ針編みでした。

 

過去にお酒をやめられたときも、仕事をしながら機械工学系の夜間短大へ通おう!と決めた(=本気で好きなことをする、喉から手が出るほど学びたかったことを学ぶ)ことが大きいです。

 

両者に共通することは、意識がそっち(罪悪感を感じる方)へ向かなくなったっていうのがポイントかも。

 

あなたの本気で好きなこと、本気でやりたいことは何ですか?

 

よかったら、また教えてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました