旅行のお土産を数箱買うと、財布が痛いあなたへ

ほんの気もちですシール:神戸の筆文字教室・年賀状講座 筆文字 年賀状/ありがとう 他

 

春名恵です。

 

子育て中の複数の友人から、「旅行に行ってお土産を数箱も買うと、財布が痛いわ(泣)」という悩みを聞きます。

 

私自身の体験を振り返ってみると、なにも箱ごとのお土産じゃなくても、小分けにしてかわいくラッピングされたものをいただいたときには、逆に感動した記憶があります。

 

そこからヒントを得て、小分け用の袋を作ってみました。

 

小分け袋に筆文字を添えて

ほんの気もちですシール:神戸の筆文字教室・年賀状講座

 

中身はお土産じゃないし、実際に作ったのは筆文字シールですが^^;

 

2~3種類のお土産を小分けし、一筆添えるとこんな風になるよという見本です。

 

 

シールを作る過程も楽しいですよ^^

 

 

この筆文字シールも、元々は白無地のシール台紙

↓↓↓

無地のシール台紙

 

 

今回は、背景にパステルカラーを使い、はんこをプラスしています。

 

ほんの気もちですシール:神戸の筆文字教室・年賀状講座

 

葉の形とグリーン色がアクセントに♪

 

マスキングテープで閉じるときは、この写真のように前面に閉じても、背面側に閉じてもどちらでも構わないと思います。

 

でも、筆文字シールの場合は、前面に閉じることでアクセントになります。

 

 

次回は、「筆文字シールを外されるとき、ビリッとやぶれてしまうのに抵抗あるかも・・」というあなたのために、別バージョンの筆文字クラフトをアップしますね。

 

袋は同じで、見せ方を変えてみたいと思います♪

タイトルとURLをコピーしました