速読、インストラクター養成コースを退会した理由

 

春名恵です。

 

耳が悪い私にとって、自分に合わないレッスンスタイルを続けることに心身とも厳しくなってきたことから、『動のレッスン』から『静のレッスン』へのシフトしたその後。

 

新しい内容の速読サークル(静)を続けつつ、インストラクター養成コース(動)も続けるということに私自身が違和感を覚えるようになり、昨年の初夏、養成コース退会を申し出ることになります。

 

担当インストラクターからも代表からも、「方向性は同じなのに辞める理由はないのでは?」と言われました。

 

確かに、方向性は同じだと思います。

目指す山の頂上も同じです。

 

でも、登るルートやツール、方法が違うということが自分の中ではっきりした以上、このまま続けることは出来ないという私の本当の気持ちをお話させていただき、退会することになりました。

 

 

リターントゥヒューマンの速読プログラムはよく考えられていて、45分という短時間のレッスンで受講生さんの顔があれだけ明るく変化し、25回のレッスン受けただけで「人間変わった!?」という人が多く出るのは本当に素晴らしいです。

 

実際、私もとても楽しくレッスンを受けさせてもらいました。

 

本を楽に速く読めるようになりたいという人や、コミュニケーションをよくしたいと思っている人、仲間を増やしたいと思っている人にはぜひ受けてほしいレッスンだと思います。

タイトルとURLをコピーしました