【終了】デジタル書展示会in京都三条

デジタル書の展示会 デザイン/アート

 

春名恵です。

 

9月14日から始まったデジタル書展示会、昨日20日をもちまして無事終了しました!

 

6日間たくさんの方にお越しくださり、メンバー全員感謝しております。

 

展示会では、春名はこちらの作品を出しました。

 

春名の作品

デジタル書の展示会

 

普段の筆文字ハガキやポチ袋とは、作風変わってるかと思います。

 

 

デジタル書の展示会

沙羅双樹しろき花ちる夕風に人の子おもふ凡下のこころ
与謝野晶子の歌

 

 

合成した写真も、自分で撮影したものを使ってます。

 

 

デジタル書の展示会

舞:さあ出番!

 

書とCG、写真との融合芸術

デジタル書とは、書とCG、写真との融合芸術。

 

  • パソコン作業大好き
  • 筆文字作品づくり楽しい
  • 花の写真撮るの好き

という、まるで私のためにあるのではないか!?と思ったのがデジタル書。

 

だからこそ、昨年展示会で見たときに衝撃を受け、すぐに勉強会に参加するようになったんですけどね^^

 

デジタル書の展示会

 

このデジタル書展示会では、書道の先生も多く出品されています。

 

その中でただひとり、筆ペンで作品作っている私ですが^^;

 

なんと!なんと!!

よみうり書法展にこれまで6回入選されている先生に、「文字のバランスがいいね!」とお褒めいただいたのです!

 

書道については無知な私ですが、よみうり書法展に入選するということ(しかも6回も入選するということ)は、とても難しくてすごいことなんだそうです。

 

デジタル書の先輩みなさんにそのような説明受けながら、「本当ですか!?うれしいですブログとかでこのこと書いていいですか?」と確認したところ、快くOKいただけました。

 

実は、これまでにも数人の書道の先生に文字や文字バランスをお褒めいただいており、これはただただ素直にうれしいです!

 

好きなことやってる人は気持ちも若い!

今回の展示会は平日開催日が多かったことも関係あるのか、お客さまはどちらかというと、高齢の方が多かったように思います。

 

そのような方とお話させていただいて特に印象に残ったことは、好きなことやっている人、やりたいことやっている人は気持ちが若い!!ということでした。

 

「今が楽しい!」というのが、言葉の端々や表情にも表れてるんです。

 

 

また、特に印象に残ったのがこちらのお話。

 

「何でも仕事を退職する前に始めている方がいい。仕事をしながらだと、時間や体力は大変かもしれないけれど、若いときに始めている方がものになる。誰かの後をついて行くのだったら辞めた後でもいいかもしれないけれど、自分の形にしていきたいなら、仕事をしながらでも始めている方がいい。」とのこと。

 

先の(よみうり書法展入選の)80歳を超えた書道の先生が、このように話されていました。

 

この方自身が本当にいろんなことにチャレンジされていて、元気でイキイキとされている。

 

だから「いいお手本を見せていただいた」と、私もとっても勇気付けられたのでした。

 

作品搬出

そうして展示会が終了し、本日21日はついに作品搬出日。

 

飾ってあった作品たちが外されていき、広々とした空間だけが残るとちょっと寂しかったです。

 

 

打ち上げランチはこちらで。

 

馳走いなせや

馳走いなせや

 

 

展示会後の打ち上げ

 

 

展示会後の打ち上げ

 

 

展示会後の打ち上げ

 

 

展示会後の打ち上げ

 

お店の雰囲気もよく、味も上品でおいしかったです。

 

この後、漬物屋とパン屋へ寄ったのですが、額2つだけでなく、漬物とパンも持ち帰った私の両手は、ずっしりとした重みでちぎれそうでした^^;

タイトルとURLをコピーしました