タンドリーチキン&キャベツの甘酢漬け

タンドリーチキン、キャベツの甘酢漬け グルテンフリー:レシピ

 

この記事で「和食を基本にすれば、意識せずともグルテンフリーになることが多い」と書いておきながら、第一回目がタンドリーチキン( ^ω^ ) ←インド料理

 

ぜんぜん和食じゃないですが、タンドリーチキン食べたかったので 笑

 

ということで、アップしていきたいと思います♪

 

タンドリーチキン

タンドリーチキン

 

タンドリーチキンのレシピは分からなかったので、クックパッドを見てみました^^;

そんな場合は、作業工程のみアップしますね!

 

<参考記事>

肉の下準備

 

 

さて、赤ワインがなかったので、代わりに白ワインを。

 

指定されたスパイス(ナツメグ、ガラムマサラなど)もなかったので、こしょう、クミンシード、カレー粉とあるものを使用。

 

あと、はちみつもドボッと入ってしまったので「ちょっと甘くなるかなぁ・・・」と不安がよぎる^^;

 

追い討ちをかけるように、最後にいれたヨーグルトがまさかの加糖。

 

「いつものヨーグルトは高いから」と、普段買わないヨーグルトを母がタンドリーチキン用にわざわざ選んでくれてたのでした^^;

 

そんな感じで調合したものに、半日ほど漬け込む。

 

レシピではもも肉指定だったけど、今回、冷凍庫にあったもも肉と胸肉を使用しました。

 

タンドリーチキンの準備

 

下味をしみこませるために皮をフォークで穴あけておくとか、鶏肉を事前に切っておくとかは、焼く準備をするときにページを下にスライドして見たので、この段階ではそういったのは何もしてません^^;

 

夕方に選挙へ行き、散歩から帰ってきてからいざ準備。

 

タンドリーチキンの準備

 

漬けていたものをボールに出して、はさみで肉をジョキジョキ切っていく。

 

 

タンドリーチキンの準備

 

フライパンにクッキングシートを敷き、その上に切った肉を全部並べた後、フタをして200度で20分焼く。

 

お味が期待できそうな、いい香りが漂う。

 

肉を反対にひっくり返し、5分焼いて完成♪

 

タンドリーチキンを焼く

 

 

タンドリーチキン

 

心配してた甘みですが、言うほど強くは出てなかったので、ホッと一安心。

 

一度作って食べてみると、「やっぱり、白ワインじゃなくて赤ワインやな」とか「ケチャップいらんな」とか「はちみつも不要?」「スパイスはいるな。そろえておこう!」とか、何となく思いました。

 

和食の味付けだけだと、なんか単調になる私。

 

なので、スパイスいろいろ試したい!って思いました。

 

次回はスパイスをもっと入れて、新しいレシピで再チャレンジしよ^^

 

キャベツの甘酢漬け

キャベツの甘酢漬け

 

キャベツが主役なのに、この写真だとトマトが主役みたい^^;

 

材料

キャベツ
乾燥ひじき

<調味料>
カンタン酢(甘酢の素みたいなの)
しょうゆ
ゆず胡椒

 

作り方

乾燥ひじきは、湯に浸けて戻しておく。

 

キャベツは千切りにして塩をふりかけ、5分ほどそのまま置く。

注)早くしなるように、芯の部分は細く切る

 

キャベツの甘酢漬け:準備

 

もうひとつ別のボールに調味料(カンタン酢、しょうゆ、ゆず胡椒)を混ぜ合わせおく。

 

置いておいたキャベツを手でもみ込むと水分が出てくるので、ぎゅーっと絞って上記のボールに移す。水気を切ったひじきも混ぜ合わせる。

 

お皿に盛って完成♪

キャベツの甘酢漬け

 

完成!

タンドリーチキン、キャベツの甘酢漬け

 

キャベツの甘酢漬けで使用したカンタン酢(甘酢の素みたいなの)もそうですが、「○○の素」などの合わせ調味料にはいろんなものが入っているため、賛否両論あると思います。

 

私たちもできるだけ身体に良いものを選ぼうとはしていますが、頼れるところは頼って、出すものは出す=デトックス(代謝を良くして出す)でいきたいと思います。

 

次回もお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました