根拠なき自信ありますか?

自信に根拠は不要:神戸の筆文字教室・年賀状講座 筆文字のこと

 

春名恵です。

 

人間の能力ってこんなもんやない!!

あなたが今思っている能力ってこんなもんじゃないよ!!

 

と伝えたくて、どのように伝えたらいいのか日々考えている私です^^;

 

筆文字講座は大人が自信を取り戻せる場

本来、人間の能力というのは、大人でも子どもでも楽しんでいたら勝手に伸びていってくれるもの。

 

ところが・・・

私たちが住む日本では、普通に生きていたらそうそう簡単に、特に大人が成長を実感できる機会にめぐり合うことができません。

 

そこで!

カッコカワイイ!筆文字おけいこは、ちょびっとカッコよくてかわいい筆文字作品を仕上げていきながらも、大人が自信を取り戻し、成長の喜びを実感できる場となることを意図して講座をつくりました。

 

行動できる人、できない人の違い

新年の始まりは「何か新しいことをしたい!」と思う方は多いと思います。

 

このとき、スッと始められる人とそうでない人の違いって何だと思いますか?

 

その答え、最後に書きます。

ちょっと考えてみてくださいね。

 

 

さて、「やってみないと分からない」という言葉を口にする心理は2つあります。

 

1つ目は、「やってみないと分からない(けどやらない)」

2つ目は、「やってみないと分からない(ものは試し、とりあえずやってみよう)」

 

ところが、年の始めであってもなくても、新しいことを何か始めるには、2つ目の「とりあえずやってみる」必要がありますよね。

 

 

1つ目も分かりますよ。

そもそも人間には安全でいたい、現状を変えたくないという本能的な欲求があるので。

 

人間の歴史とは飢えや戦いの歴史ともいえ、平和よりもそちらの時代が多かったことから、生きるため=命を守るためには安全を確保し、現状維持することが真っ当な選択でした。当時は。

 

でも、現在はどうでしょう?

 

命を守るための安全確保はもちろん大切ですが、「やりたいけど経験がない」「実績がない」「だから無理」という安全確保や現状維持は、時としてそれが安全確保にならない場合もあるのです。

 

経験や実績は、行動した先にあるもの。

経験や実績で職や給与、ボーナスが決まるのであれば、行動を起こすのは必須になります。

 

つまり、行動を起こさないことは今の時代では安全確保にもならならず、命を守ることにもならないのです。(食いっぱぐれる)

 

 

そこで、改めて質問です。

 

あなたの中でやりたいけどずっと躊躇していたこと、「これをやらずには死に切れない!」とあきらめられないものはありますか?

 

ある?

だけど、行動できない?

 

もしそうなら・・・

あなたには●●が必要です。

 

 

●●とは?

 

それが最初に「考えててね」と言っていた答えです。

 

 

それは

自信

 

しかも根拠なき自信があるか?です。

 

「何か新しいことをしたい!」と思ったとき、スッと始められる人とそうでない人の違いは、根拠なき自信があるかどうかなのです。

 

ちなみに「やりたいけど経験がない」「実績がない」「だから無理」とあきらめてしまうのは、根拠を求めている証拠です。

 

 

さて、カッコカワイイ!筆文字おけいこでは、今まで触ったこともない筆ペンを手に取り、やったこともない筆文字を描く体験をします。

 

それを通じて、初日で「私にも描けた!楽しい!感動!」の喜びをかみしめられると共に「根拠なき自信とはこれなのか!」を実感することができます。

 

 

あなたは根拠なき自信持ってますか?

根拠なき自信を生み出す源泉、見てみたくありませんか?

 

筆文字を描きながらあなたの中の「自分も出来る!」を引き出し、「これをやらずには死に切れない!」ということを行動に移すきっかけ作りをお手伝いします!

タイトルとURLをコピーしました