出番が少ない「薄墨」筆ペンの使い方

薄墨筆ペン:神戸の筆文字教室・年賀状講座 筆文字のこと
薄墨筆ペン

 

春名恵です。

 

私は、筆ペンって朱色しかないと思っていました。筆文字をはじめるまでは。

 

そんな私が、筆ペン売り場に行って一番驚いたことは、ラメ筆ペン(ラメ入りの筆ペン)があったこと。

 

これを見つけたとき、「(メイクの)アイライナーみたい♪」と、筆ペンの印象が一気に変わったし、ワクワク感をものすごく感じたのでした。

 

 

筆ペンって、使い方を知らなければ、祝儀袋や香典袋の表書きとか、書道の延長の使い方をイメージするかもしれません。

 

でも、もっともっと自由な使い方があるのですよ。

 

家で余りがちな薄墨筆ペンの使い方を、次に書いてみますね。

 

薄墨(うすずみ)筆ペンの使い方

黒色の筆ペンで文字を書いた場合は、文字の輪郭はハッキリ&くっきりとします。

 

すると、コントラストがきつくなったり、伝えたい印象とちぐはぐになることがあるのですね。

 

そんな場合は、うす墨筆ペンをグレーの筆ペンという意識で使ってみてください。

 

薄墨筆ペン

 

そうすると、とてもやわらかい印象に仕上がりますよ。

 

薄墨筆ペン、こんな風にも活用してみてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました