足してダメならひいてみる

足してダメならひいてみる 筆文字 年賀状/ありがとう 他

足してダメなら
ひいてみる

 

足して・・・
足して・・・
足して・・・

 

「あーしんど( ̄◇ ̄;)」(←疲れるという意味)ってなったら、全体から引いてみるといいかも。

 

 

これを描いた数日後、絵を描いたり、切り絵や工作大好きな9歳姪っ子が自分で作った作品を見せてくれたので、私もこんなん描いたよと見せてみました。

 

すると、「どういう意味?」と聞いてきたので、9歳の子に説明しても分かるんかな・・・?と思いつつ、このように説明してみました。

 

「8という答えを出したいとき、1+1+1+1+1+・・・・・って、1を8回足していったら8になるやん?

 

だけど、10-1-1しても8になるし、10-2でも8になる。

 

1+1+1+1+1+・・・・・=8とするように、物事を一歩ずつ、ひとつずつ積み重ねていくことも大切。

 

だけど、もし8になる前にあきらめてしまったら、ずーっと8に届かないまま。

 

それならば、10-1-1しても8になるし、10-2でも8になるという発想で、8というゴールのちょっと先から8を眺めてみたら、思っていたよりも8が近いと気がつく。

 

すると、意外に簡単にゴールへ到達できるよ。

 

ここまで説明すると、「ふーん」という答えが。一緒に聞いていた4歳の姪っ子も「ふーん」と。

 

分かったんかな?どうなんやろ?と思っていたら・・・

 

9歳:「足してぇ~↑↑↑」

4歳:「ダメならぁ~↑↑↑」

9歳+4歳:「ひいてみる!」

 

と、いきなり二人が言い出し(何の打ち合わせもナシ 笑)、そのまま玄関を飛び出して外へ出て行きました。

 

そして、二人でぴょんぴょん飛び跳ねながら、大きな声で連呼し出したときにはびっくりしました。

 

その後出かけることになり、車に乗ったときにも二人は延々この言葉を繰り返してました^^;

 

これから彼女たちが大きくなっていく中で、ものの見方の1つとして参考になればいいかなと思った出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました