No.18:自分と向き合うために書いてみよう

明石海峡大橋 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

今日は、『書くことで、自分と向き合う』について書いていきたいと思います。

 

 

さて、このメルマガを読んでいただいているあなたは、普段からたくさんの情報に触れたり、インプットは積極的にされていると思います。

 

では、アウトプット、つまり言葉に出したり紙に書いたりるすることも同じくらいされていますか?

 

アウトプットをする・しないは、人によって差があることの一つだと思いますが、好きを仕事にしたい場合は、アウトプットなしに自分の存在やサービスを知ってもらえることは、残念ながらありません。

 

だから、自分と向き合うことをきっかけに、ぜひアウトプットも習慣にしてみてください。

 

アウトプットと言っても、書く以外にも話すとかもありますが、その場合は相手が必要になります。

 

ということで、自分ひとりで好きなときに好きな場所で出来るという意味では『書く』がおすすめです。

 

 

さて、私が自分と向き合うことになったきっかけは、職場の人間関係の悩みから年々感情のアップダウンが激しくなり、もう自分で自分の感情をどう扱ったらいいのか分からなくなったことからです。

 

2009年の春、大阪のセラピストさんの門をたたき、私の場合は『話す』ことで自分と向き合うことになりました。

 

さかのぼること、その半年ほど前。

 

同じ職場の人から、この方のチラシをもらっていて「へー。自分の前世も分かるんや」ということから、ヒプノセラピー(催眠療法)に興味を持った私。

 

ところが、「前世より現世(今)を何とかして!」という状態になり、情緒不安定のままセラピストさんのところへ飛び込んだのでした。

 

私の場合は「さぁ、自分と向き合おう」という姿勢ではなく、結果的に自分と向き合わざるを得なくなったので、まるでラフティングボートに乗ったときのように波に飲まれ、ボートが逆さにひっくり返ってびしょびしょになりながらも、再びボートに乗って川の中を漕いでいく、というようなハードさがありました。

 

どんな人生設定をしているかは人それぞれ違うので何とも言えませんが、もしあなたに何か伝えるとか導く役割があるなら、私以上にハードな人生を送ってるかもです^^;

 

そして、その体験からの学びを人に伝えるためには、アウトプットが欠かせないんですね。

 

 

歌うとか、曲を作るとか、髪を切って美しくしてあげるとか、おいしいごはんを出してあげるとか、筆文字や絵を描くとかいろんなアウトプットがありますが、人に齟齬(そご)なく伝わりやすいアウトプットとなると、書くことや話すことにしぼられてきます。

 

ちなみに、話すことは、コーチやセラピスト、カウンセラーなど専門家についてもらう必要があります。(※1参照)

 

それに対して、書くことは自分自身で【自分と向き合える】方法なのです。

 

 

– – –

※1

たとえば、好きを仕事に!にまつわる話を、それをしたことない人に相談すると「やめといた方がいい」というような答えが返ってくることもあるかと思います。

 

また、アドバイスが的外れということもあると思います。

 

悩み事とかも同じで、そんな場合は、ただただあなたの言い分に耳を傾けてくれる専門家がいることで「自分はこう思ってるんだ」とか「本当はこうしたかったんだ」と気づけるようになります。

 

それだけでなく「やっぱり、こうした方がよかった」「みんなに申し訳ないことをした」ということも、他人に指摘されなくても自分で気づけるようになります。

 

実はこれ、そういう聞き方(関わり方)のトレーングを受けていないと「それ、おかしくない!?」と相手の話を批判したくなったり、全然聞いてなかったり、話を途中でさえぎったりするなどはごくごく普通に起こります。

 

そうすると『自分で気づいて自分で決める』ということができなくなるので、自己肯定感が低くなったり生きている実感がないなど、主体的に生きれていない感じを持つようになります。

 

また、人にアドバイスをもらっても、最後の最後は自分自身で腹の底から決めてなければ、なかなか行動には移せません。

 

そこで、自分で決めたことは納得して行動に移せるため、その人が本当になりたい状態になるためのステップを踏めるよう、思考や感情を整えるための関わりをする人がいるといいと思いませんか?

 

それが、コーチやセラピスト、カウンセラーです。

 

ちなみに、私 春名の関わり方は、コーチ、セラピスト、カウンセラーのどれもあると思います。

 

– – –

 

 

それでは今日から15日間、『自分と向き合うために書いてみよう』ということで、私からあなたに問いを出します。

 

あなたには、それについて思うことを思うまま、ノートやスマホに書いてみてほしいと思います。

 

好きを仕事にしたいとか現状をどうにか変えたい場合は、朝でも昼でも夜でもいいので、ぜひ時間を取ってやってみてくださいね。(1回あたり10分~15分ほど、個人差あり)

 

 

これまで私と実際に関わってくださった人の中には「これやったことある」という人もいると思いますが、今現在の気持ちを書き出すことで、新たな気づきや行動のヒントも見つかると思います。

 

もしピンと来られたら、ぜひ一緒にやっていきましょう。

 

私も今回一緒に書き出していき、私の分は次回のメルマガで「こんなこと書きましたー」と包み隠さずアップしたいと思います。

 

本音で思うことを思うまま書いていきますが、これ、ちょっと恥ずかしいかもです、私。

 

もし「引くわー」って思ったら、「引いたー」って言ってくださいね^^;

 

 

あ!

あなたは、私や他の人に見せなくていいですよ!

 

見せると思ったら、本音で書かないでしょ( ^ω^ )

 

本音で書くということが非常に大事なので、先に注意事項を4つ書いておきますね。

 

– – – – –

▼書き出すときの注意事項

  • 本音で書いてください
  • 何も制限なく、何でも叶うという前提で書いてください
  • 答えたくなければ未記入でOK
  • 答えが無ければないでOK

– – – – –

 

これだけです。

 

 

 

では、今日の問いにいきましょう。

 

こちらです。

 

– – – – – – – – – –

 

1)私がこれから付き合いたい人

 

2)私がこれから付き合いたくない人

 

– – – – – – – – – –

 

この2つを書いてみてください。

 

具体的な名前ではなく、たとえば「やさしい人」とか「気遣いのできる人」とかそんなんでもいいです。

 

もし、個人名しか出てこなかったら、では「その人の特徴は?」と自分に問うてみて、出てきた答えを書いてくださいね。

 

最初はこれ以上何も言わず、今日はこのまま終えたいと思います。

 

まず、本音で思うまま書いてみてくださいね!

 

次回もお楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました