片付けと筆文字の共通点

Happy Baby:筆文字封筒 筆文字:感想&レポ

 

春名恵です。

 

この1~2週間で一気に季節が進んだ気がしますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

昼間は蒸し暑いですが、それでもキンキンに冷えた冷房の中に閉じ込められるよりは、何十倍もマシな私^^;

 

扇風機で暑さをしのぎつつ、本格的な熱気がやって来る前にこれとそれを仕上げ、あれも進めていきたいと思います!!

 

それでは、受講生さんの作品を紹介していきますね♪

 

応用2

Happy Baby:筆文字封筒

 

「Happy Baby」の長封筒はシルバーとゴールドの筆ペン、さらに赤の落款印が合わさって、お祝いの雰囲気が出ていますね。

 

子供子供した袋が多いなか、大人っぽい印象の出産祝封筒が完成しました♪

 

 

感謝:筆文字カード

 

文字色は、自分で調合して作られています。

深みのあるこのグリーン、私も好きです^^

 

作った色は今日このとき限り。二度と同じ色が出せないというのも、また味ですね。

 

 

季節の筆文字ハガキ

季節のハガキ

 

背景のグラデーションが、さわやかな印象を生み出しています。

 

五感に響く季節のハガキ、完成しました♪

 

片付けと筆文字に共通すること

この応用クラス2では、色を基本の3色だけで学びます。(補助的に白と黒は使いますが)

 

学問的な学びではなく、筆文字を描くときに「知ってたら楽しさ倍増♪」の学びなので、自分の手を動かす体験を通じて学びます。

 

 

たとえば、こんなふうな色の表が完成した教材を渡されると「覚えなきゃ」モードになりますよね?

 

カラーパターン表(2):パステル

 

でも、そこに体験が伴えば(自分で手を動かして作っていけば)それ自体が記憶につながるため、無理にがんばって覚えなくても自然に覚えられるんです^^

 

 

色を全部覚えるのは大変です。

 

だから、軸以外は全部捨てます。

この色の場合で言うと、基本の3色以外は全部捨てます。

 

そして、必要なものは、今持っている3つで作り出していくのです。

 

そういう考え方をすると、どれが軸か、どれが大事か、外せないものは何かも見えてきます。

 

 

全部持ってなくても、大丈夫。

全部持ってなくても、やっていけます。

 

片付けに共通することが、この筆文字講座でも言えるんですね^^

 

 

この応用2で色を学ぶと、「あ、こんな単純な構成やったんや」と価値観が変わります。

 

「何でか分からないけど、色が分かるようになった」という体験を通じて、色に対して持っていた苦手意識が減ります。

 

苦手意識が減ると、楽しく取り組めるようになりますよ♪(というか、取り組むという意識すら持たず自然にできてしまうかも)

 

 

文字書きに対する苦手意識も「あ、こんなことしていいんや!」という体験をすることで、価値観がガラッと変わります。

 

自分を変えたい

もっと柔軟な考え方ができるようになりたい

 

そんな人は、ぜひ講座へお越しください。

タイトルとURLをコピーしました