No.17:自分と向き合うということ

夕方の花 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

前回、『自分の体験や学びに対して、自分で価値を感じることができていない場合は、【自分と向き合う】ステップを入れるとよい』と書きました。

 

今日は、この【自分と向き合う】ことについて書いてみたいと思います。

 

 

さて、あなたは自分と向き合ったこと、ありますか?

 

自分と向き合うとは、自分のことをたな卸ししたり、過去に言いたいことが言えなかった記憶・くすぶったまま昇華されていない感情をみつめ、自分の本当の気持ち(感情)、考え方(思考)を知っていくことです。

 

くすぶったまま昇華されてない感情は、「私にそんなもの無い無い」と言われる人も多いかもしれませんが、実は誰にでもあるもの。

 

逆に、本当に無いなら、「この人がこんなことする」とか「あの人のこんなところが許せない」というようなことも、口から出ないはずなんですね。

 

もちろん、感情あるのが人間ですが、そんなワーワー騒ぎ立ててはイライラしてしんどい・・・という想いはしてないはずなんです。くすぶったまま昇華されてない感情が無いならば。

 

 

で、話を戻すと。

 

自分と向き合うと何が良いのかと言うと、

★気持ちの浮き沈みが減ります

★周りの人が優しくなったり、キライな人と離れられるようになったりします

★親とのコミュニケーションが変わります

★人生の目的が分かってきます

★自分の価値をお金に換えることができるようになります

 

※前回ラストにも書いたように、お金そのもの以外にも、お金で買った先に得たいもの・事・気持ち、生活していく上での衣食住、誰かが何かをしてくれることなどに自分の価値・お宝・豊かさを換えることができます。が、以降は『お金』という表現に集約して書いていきます。

 

私自身、上記の★5つが可能になったのは、親との関係を癒し、どんな自分もまるごと認め、受け入れ、許し、大好きだよって言えるようになったからです。

 

ちなみに、今の私の「自分を『大好きだよ』って言える度」は70%ぐらい。あと30%はまだまだ昇進中です^^;

 

 

さて、好きを仕事に以前に、自分と向き合うことで私が一番びっくりしたのは、親との関係・コミュニケーションがストレスなくできるようになったこと。

 

まー、昇進中30%が残ってるので、今でもイラっとすることありますが^^;

 

それでも、家に帰りたくない、顔も合わせたくないと思っていた頃から考えると、イライラ度100%→10%になったという感じ。

 

めっちゃ減ってるでしょ。

 

それぐらい、自分と向き合うことによる変化が大きかったのでした。

 

 

ちなみに、自分と向き合わなくても好きを仕事にしたり、高収入を得ている人もいます。(光の部分)

 

ところが、その場所へたどり着くまでに自分と向き合ってこなかった場合、

「何でみんな分かってくれないの!」

「自分はこれだけ頑張ってるのに!」

「ほんとダメな奴ばっかり!」

「あの人には絶対負けたくない!」

などの怒りや悔しさ、嫉妬などの感情をいつも持っていたり、一番身近な家族との関係が上手くいっていないことも多いのです。(影の部分)

 

<参考記事>

大切なものを守るために光と影を統合しよう

 

 

さて、正直なところ、自分と向き合うのはハードな作業です^^;

 

というのは、私自身2009年から2014年頃まで結構【濃厚に】自分と向き合ってきて、そんな体験から言えることは、中途半端な気持ちで向き合っても本質から目を背けるように潜在意識が導くということ。

 

たとえば、急に面倒くさくなって行きたくなくなったり、肝心なところで相手の話をそらしたり、肝心なところで眠ったりしてしまうのです。

 

全部、無意識で。

 

このときの無意識=潜在意識の声は、「今のままでも困ってないので、余計なことはしないで!」「なにも見たくない!聞きたくない!受け入れたくない!」です。

 

それでも、私は本当に変わりたかったし、もっと成長して前へと進んでいきたかったので、2歩進んでは3歩下がるということを何年も繰り返し・・・

 

そうして、以前は黒い影のようにあった胸や胃のあたりの詰まっている感・何かが引っかかっている感じは、今はきれいさっぱりなくなったのでした。

 

たまに、体の中に違和感を覚えるときもありますが、すぐに(状況が許さないときは数日以内に)スキャナーを取るみたいに体に意識を向けていくので、きれいさっぱりなくなった状態は続いています。

 

(そうなると直感(直観、インスピレーション)も冴えてくる)

 

 

私は、本格的に好きを仕事にする前に、こんなふうに【自分と向き合うこと=光と影を統合する作業】をしていたことで、すぐには好きはお金になりませんでした。

 

※光と影
↓↓↓
・光:自分の好きな部分、輝かしい実績、ワクワクキラキラした人に見せたい部分・見せても大丈夫な部分

 

・影:これまで向き合ってこなかった自分自身のこと(過去に清算できていない記憶や意図せぬ感情反応)とか、人には絶対知られたくないこと

 

 

だけど、感情の大きなしこりが癒され尽くしたタイミングで、好きをお金に換えることが出来はじめ、今は関わった人のステージアップ・願いを叶えるお手伝いも様々な方向からさせていただけ、幸せに仕事ができていると思います。

 

それもこれも、自分はどのように生きていきたいのか? 自分の幸せとは?などいろんなことを【言葉に出し、書き出す】作業をしたから、というのも大いに関係しています。

 

 

光でも影でもどんな自分であろうと「私、そう思ってるんだ~」ということを知っていくと、これまでとは違う物事の見方・考え方をする自分になります。

 

そうすると、これまでと同じもの・事に遭遇しても、以前のようなとらえ方をしなくなるのですね。

 

次回からは、自分で自分と向き合う【言葉に出して、書き出す】作業について触れてみたいと思います。

 

お楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました