【CADが遅い理由:3】どういうときにどのアイコン・コマンドを使うのか、作図中すぐに出てこない

レシピを見る CAD速くなりたい

 

春名恵です。

 

CAD操作が速くなるために、CADが遅い5つの理由を書いています。

 

今回は、第3回目【CADが遅い理由:3】どういうときにどのアイコン・コマンドを使うのか、作図中すぐに出てこない でお届けします。

 

 

【CADが遅い理由:1】操作が遅い でも書いたように、使うアイコンやコマンドをパターン化することは、CAD操作のスピードアップにつながります。

 

ただ・・・

 

そもそもパターン化する以前に、どういうときに、どのアイコン・コマンドを使ったらいいのか分からないという、初心者がつまづく段階がありますよね。

 

今回のテーマはそこです。

 

みんなはどんなアイコン、コマンドを使ってるの?

複数の人が、同時に同じ図面を描いたとします。

 

その最終的なアウトプット(完成図)は同じだとしても、どのアイコンやコマンドを使って、どのように線を引いていったのかというのは、人によって全然違います。

 

結果は同じでも、過程が違うのがCAD操作。

 

そのため、みんなと同じにしなきゃっていうのは、CAD操作についてはあり得ません。(きっぱり!)

 

 

では、みんな操作が違うからといって、特別なアイコンやコマンドを使って描いてるのかというと、そうでもありません。

 

よほどの理由がない限り、最初に研修やスクールで習ったものを使っています。

 

(よほどの理由とは、たとえば派遣先で「この場合はこれを使って」と指定されるなど。でも、それもあまりないと思いますが・・・)

 

迷ったときは基本に戻ろう

どういうときにどのアイコン・コマンドを使ったらいいのか、作図中すぐに出てこないなら、基本を忘れているかもしれません。

 

そんなときは、もう一度、テキストを確認してみます。

 

AutoCADを初めに習ったテキストはありますか?

あれば、それをパラパラ~とめくってみてください。

 

以前、スクールで習ったときにはさらっと流していたことも、実務を経験した今だからこそ、「これ、こんなときに使ったら速く描けそう!」というものが見つかるかもしれません。

 

【CADが遅い理由:1】操作が遅いでの『角Rを90度で描くとき』のように、複数の使い方も見つかるかもしれません。

 

まとめ

『どういうときにどのアイコン・コマンドを使ったらいいのか、作図中すぐに出てこない』の対策は、基本のアイコンやコマンドを何度も使い、実際にいろいろ描いてみることです。

 

たくさんたくさん図面を描くことです。

 

その繰り返しで「このパターンの図は、このアイコン(コマンド)」と、自分の使いやすいパターンで手が勝手に動いてくれるようになりますよ。

 

【CADが遅い理由:4】集中力がない

タイトルとURLをコピーしました