No.12:Facebookとブログ、どっちがいい?

紅葉 好きを仕事にしたい

 

おはようございます。春名恵です。

 

今年は秋を飛び越して、いきなり冬!という感じですね。

 

太陽が出ている昼は暖かいものの、朝晩はぶ厚い上着が必要なくらい。

 

すでにモコモコのソックスも履いている私は、そろそろ足裏のカイロも必要になりそうです^^;

 

 

さて、Facebook、インスタグラム、ツイッター、ブログ、ホームページ、メルマガといろいろありますが、どれがいいの?と悩んだことはありませんか?

 

今日は、それらツールのカバー範囲(どこまでをカバーしているか)という視点で、どれがよいかを書いてみたいと思います。

 

 

インターネットが発達し、持ち歩けるスマホがあればいつでもどこでもネットにつながる現在、全部ではなくとも、どれか1~2個のアカウントを持っているという人は多いと思います。

 

これらのうち、どれがよいかは目的によっても違ってきますが、好きを仕事にしたい場合は【ブログは必須】です。

 

 

これ、電話回線で例えると。

 

インターネットが全世界で通じる電話回線として、ブログがこちらなら(全世界が通じる電話回線なら)、Facebook、インスタグラム、ツイッターなどのSNSは、地域限定、町内限定でつながる電話回線。

 

Facebookのアカウントを持っているということは、Facebookの中だけつながる電話回線を持っているということで、それはインスタグラムやツイッターなど、他のSNSでも同じです。

 

自分の商品やサービスを買ってもらおうと、SNSの中だけで情報発信するということは、インターネットという全世界につながる回線が存在しているのにも関わらず、わざわざ範囲を絞って発信していることになります。

 

友達やフォロワーが増えようと、記事がシェアで広がっていこうと、その範囲はFacebookの中だけ、インスタグラムの中だけ、ツイッターの中だけなのです。

 

 

もちろん、友達やフォロワーの先に『紹介』という形で広がることも可能性としてあるかもしれませんが、それってある意味『スカウト』されるのを待っている状態ともいえます。

 

商品やサービスがすでにあり、それが「誰に、どんぴしゃりなのか?」が明確であれば、紹介やスカウトの可能性は高くなると思います。

 

だけど、そこがまだ明確でないなら、まずは「自分は何のためにその仕事をするのか?」「誰に何を届けたいのか?」をうっすらとでもいいので、それらをイメージしながら、想いを言葉にのせて発信していくとよいと思います。

 

 

ちなみに「誰に、どんぴしゃりなのか?」は、「好きを仕事にしたい」と思っている間(これで行く!と決めるまで)は明確でないことがほとんどです。

 

『誰に』というのは最初は仮説を立てることから始まり、実際にお客様と接しながら見つかるものだし、一度見つかったとしても、『誰に』は永遠に同じではありません。

 

なぜなら、商品やサービスには、人の人生と同じように『ライフサイクル』というものがあるからです。

 

ライフサイクル:導入期→成長期→成熟期→衰退期
(人が生まれ、子供から大人に成長し、老いていくという流れと同じ)

 

 

話がちょっとずれたので、戻します。

 

 

さて、あなたの想いを言葉にのせて発信する場所がFacebook、インスタグラム、ツイッターなどSNSの場合、それはインターネットという全世界につながる『回線の一部だけ使う』ということになります。(閉じた世界での発信、限定公開)

 

一方、ブログでの発信は、インターネットという全世界につながる『回線まるごと』使えるわけで、それだけたくさんの人にあなたの仕事を知ってもらえるようになります。(開けた世界での発信、全公開)

 

もちろん、回線がまるごとあるだけでは何も起こらず、回線に線を差し込む作業=ブログを書く作業 は必要ですけどね^^;

 

 

最初は少しずつでもいいので、記事を書き溜めていく。

 

そうすることで、あなたの価値観とか何をやってる人かも知られるようになり、「この人は信用できる」と思ってもらえるようになってようやく、AにするかBにするかという選択肢に含めてもらえます。

 

なので、まず存在を知られること。

これがめちゃめちゃ大事です。

 

自分がどこか外食へ行く場面をイメージすると分かると思いますが、そもそもお店を知らなければA店にするかB店にするかという選択肢にも入りません。

 

また、レビューを見るのも「味や雰囲気は自分に合うか」「友達や上司、お客様を連れて行っても大丈夫か」「行って失敗しないか」と、信用できるかどうかを確認しているともいえます。

 

だからこそ、まず知ってもらう。

 

その際、あなたの情報の公開範囲が地域限定(限定公開)か全世界(全公開)かなら、明らかに後者のほうが、たくさんの人に知ってもらえる可能性は高くなりますよね。

 

ということで、好きを仕事にしたい場合は、全世界につながり、たくさんの人に知ってもらえる【ブログは必須】なのです。

 

SNSもホームページも使っていいけど、それ単体ではなく、ブログと一緒に使うのがベストです。

 

 

次回は、Facebookの中で商品販売するのは有りか無しかについて書いてみたいと思います。

 

この記事の前半で書いた『自分の商品やサービスを買ってもらおうと、その中で情報発信する』という部分に、いろんな意味で「ん?」と感じたあなたは必見かもです^^

 

お楽しみに♪

タイトルとURLをコピーしました