No.6:あと3ヶ月の命なら。それでも仕事したい?

広がる海 好きを仕事にしたい

 

春名恵です。

 

かなり久しぶり感満載ですが^^;

いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、しばらくメルマガ配信が止まっている中で、小林麻央さんがお亡くなりになりました。

 

たまにですが、私も麻央さんのブログを拝見していたので、ニュースでこのことを知ったとき、一瞬「え?どういうこと?」と信じられませんでした。

 

その後、在りし日の麻央さんの報道を見たり聞いたりしたとき、あなたはどのようなことを思いましたか?

 

私は「もっと好きなことして生きてもいいのではないか?」と、改めて思うようになりました。

 

(一番最初は、2013年秋に末期がん発覚から二ヶ月弱で父がこの世を去ったとき、人ってこんなに簡単に死ぬんや・・・と思った。だからのんびりしてたらあかん!と思った)

 

何のために仕事をする?

これまでの時代なら「何のために仕事をする?」と聞かれたとき、「生活のため」って答える人が多かったと思います。

 

でも、このメルマガを読んでるあなたは、たぶんそれ以外の答えですよね。

 

「豊かに生きるため」とか「人のお役に立つため」とかいろいろあると思いますが、その根本、本音の本音部分では「好きを仕事にしたい」というよりも・・・

 

「好きなことをして生きたい!」
という人が多いのでは?と思います。

 

これは、勝手に私が想像しただけではなくて 笑

メルマガ配信をちょっとお休みしている間、「好きを仕事にしたい!」という方々と実際に会い、話をする中で感じたことです。

 

あと三ヶ月の命なら

「あと三ヶ月しか命がなかったら?」と自分自身に問いかけたとき。

 

それでも「仕事にまい進したい」と思うのか、「いやいや、海外旅行に行っときたい」と思うのかで、『好きを仕事に』したいのか?『好きなこと』をしたいのか?が分かると思います。

 

で、その出た答えを放ったままにせず、今すぐにでも実行に移してほしいのです。

 

なぜなら、命の時間は有限だから。

その期限は、誰にも知らされてないから。

 

だから、本当は先延ばしにする理由は全然ないはずなのです。

 

 

それなのに、「あと三ヶ月しかなかったら、これだけはしておきたい」ということを、なぜ今しないのか?

 

よく考えたら不思議だと思いませんか?

 

「自分だけはまだまだ大丈夫」という気持ちは、私を含め、無意識でみんな持っていると思います。

 

それでも、「あと三ヶ月しかなかったら、これだけはしておきたい」ということを5分でも10分でもいいので、わざわざ時間を取ってでも考えてみてほしいです。

 

そして、その答えが「親ともっと一緒に時間を過ごす」なら、毎日、毎週、毎月は無理でも、今日思い切って次に会いに行く日を決めてみてください。

 

「旅行をもっとしたい」なら、今の仕事が忙しくて無理だとしても、今日思い切って予約してみてください。

 

「自分の体験をシェアすることで、『人は何歳からでもやり直せる』とか『周りの目を気にせず生きていいんだよ』ということを伝えたい!」なら、今日思い切ってブログなりSNSなりで発信してみてください。

 

 

だって、本当に「あと三ヶ月」って分かったら、何がなんでもそうするでしょう?

 

 

実際に期限を知らされてから実行に移すのは、精神的にも体力的にも余裕がなくなるかもしれません。

 

でも、まだ今元気なら、周りの人には「ちょっと困るわー」とブーブー言われるかもしれないし、「あの人あんなこと言ってるけど、どういうこと?」と言われるかもしれないけど(汗)

 

あなたが本気だと分かったら、意外と何事もないかもですよ^^

 

このメルマガを読んで、あなたが実際にやってみたこと、ぜひ教えてくださいね!

 

次回もお楽しみに♪

 

追伸

ちなみに、私もずっと心に引っかかっていたこと、やってみたかったことを実行に移しました。よかったら、見てみてくださいね。

 

ミニチュアのかぎ針編み

ボタニカルアート

 

あなたの「私も好きなことやりたいぞ!!」の感情に火が付きますよう^^

 

2018年7月追記(1)

好きなこと、一年経つとまた違ってきてる。

かぎ針はある意味やりつくした感ある←目標低い^^;?

 

2018年7月追記(2)

あと三ヶ月の命なら。それでも仕事したい?(2)

タイトルとURLをコピーしました