無料ブログ、無料ホームページを辞めた理由

パソコン ブログ&ホームページ作り

 

春名恵です。

 

これまで、無料ブログ(アメブロ)や、無料ホームページ(JIMDO)、そして無料SNS(Facebookやインスタグラム、Twitterなど)を利用して記事を書いていた私。

 

ところが、年始早々にあるインスピレーションを得たことから、ブログとホームページについては新たに有料でサーバーを借り、ドメインも取得して、ブログ型ホームページを作る運びとなりました。

 

ブログ型ホームページとはそのままの意味で、ブログ記事を書くように、ホームページも作ることができるもの。

 

このブログ&ホームページも、ブログ型ホームページである『WordPress(ワードプレス)』で制作しています。

 

ワードプレスのロゴ

 

さて、これまで無料サイトで記事やサービスを書いていた私が、なぜ有料でサイト(ブログ&ホームページ)を運用することにしたのか?

 

その理由を3つ書いていきたいと思います。

 

1)無料サイトはサービス終了のリスク有り

個人で仕事をする人にとっての文章は『資産』です。

 

これまであなたのことを知らなかった人でも、検索からサイトを見つけてくださったその瞬間から、今日昨日の文章だけでなく、過去の文章(ブログ記事)から、あなたの人柄を知ってもらえます。

 

ネットで検索

 

どんな想いを大切にしながら教室や講座を開催してるのか?

どんな人が参加しているのか?

 

さらに、お客さまの感想も見ていただくことで「自分も受けたらこんなふうになれるんだ!」「こんなふうに変われるんだ!」ということを感じてもらえます。

 

今すぐのお申し込みや購入にはつながらなくても、「自分が探していたのはコレだ!」「友達が探していたのは、これこれ♪」「自分も受けたらこんなふうになれるんだ!」という印象が強いほど、あなたのブログを覚えてくださいます。

 

その心の動きは、あなた自身の普段の行動を振り返ってみるとよく分かると思うのです。

 

 

ところが。

 

何らかの事情で無料ブログやSNSサービスが終了してしまうと、たとえ、お気に入りやブックマーク、フォローしてくださっていても戻れなくなってしまいます。

 

迷路

 

さらに、これまで時間をかけて書き溜めてきた文章という『資産』も、ざっくり根こそぎなくなってしまうのです。

 

そのときになって、別の無料ブログでアカウントを取ってやり直すとしても、ゼロからのスタート。文章も最初から作っていかなければなりません。

 

無料ブログやSNSなどは、気軽に始められるという低いハードルの代わりに、いつサービスが終了するか分からないというリスクもあるのです。

 

WordPressでブログ&ホームページを作っていれば?

WordPressでは、バックアップさえ取っていれば、たとえレンタルサーバー会社が潰れたとしても、別のレンタルサーバー会社でブログ&ホームページを再開させることができます。

 

そのときの再スタートは、ゼロからのスタートではありません。

 

10までいってる人は11からのスタート、30までいってる人は31からのスタートというように、これまで書き溜めた『文章という資産』を残せた状態で、続きから文章を蓄積していけるのです。

 

2)無料ブログ記事をまるっとワードプレスへ移行はリスク有り

無料ブログで書き溜めた記事を、まるまる同じ状態でWordPressにコピーした場合のお話。

 

検索のGoogleから、後から作ったサイトやダブりのサイトは「あなたコピーでしょ?パクッたね?」と認識されてしまうらしく、新しいサイト全体が検索にヒットしなくなるかもです。

 

自分という同じ人が作っているものであっても、その人がどんなにかわいい人であっても、心配りができる人であっても、そんなの関係ないようです^^;

基準は、過去に検索エンジンにインデックスされた日付のみ。

 

なので、ビジネスとしてブログやホームページを作るという場合は、最初からWordPressで記事を書き溜めていく方が、あとあと余計な手間がかからなくて済むと思います。

 

また、そうすることで、いつ消されるか分からない不安や、サービス自体が終了して記事が消滅する心配もゼロにできます。

 

私が利用しているサーバー

私はエックスサーバーを借りているので、サーバーレンタル代が年間13,000円ほど(初期費用別途)、ドメイン使用料が年間1600円ほどです。

 

サーバーもドメインも、探せばもっと安いのもあります。

 

調べてみると値段もきちんと理由があって、安いのは安いなりの理由があります。

 

安いのがダメな訳ではないですが、自分がどう活用したいのか?と照らし合わせて決めるとよいと思います。

 

無料サイトを使う対策

趣味でするブログやホームページなら無料でいいと思いますし、なくなっても「あらら~」で済ませるかもしれません。

 

また、お財布事情もあるかと思いますので、ビジネス目的でのサイトであっても、現状すぐに有料運営に切り替えられないかもしれません。

 

そのため、無料サイトで記事を書いている場合は、可能な限り、バックアップを取っておくことをおすすめします。

 

バックアップさえあれば、何とかなることも多いので。(絶対ではありませんが)

 

3)独自ドメインで書き溜めた文章は、別の資産に生まれ変わる可能性有り

独自ドメインとは?
自分で好きに決められる有料で取得するドメインです。

 

ドメインとは?
たとえば『https://▲▲▲.com』の場合、『▲▲▲.com』部分のことです。

 

ドメインは早い者勝ちなので、屋号とか好きな文字列があるなら、空きがあるうちに早めに取得しておくとよいです。

 

 

さて。

そもそもの年始のインスピレーションが、こちらの3)でした。

 

長くなりそうなので、次回に続きます。

タイトルとURLをコピーしました