老眼でも、細かい作業が好きなら大丈夫。

そえぶみ箋にオリジナルはんこ&筆文字 筆文字:感想&レポ

 

春名恵です。

 

受講生さんの作品、よろしければご覧くださいませ。

 

読みたい場所へジャンプ

応用2

Lesson4

そえぶみ箋にオリジナルはんこ&筆文字

そえぶみ箋に、毎年使うご挨拶の練習

 

右側がオリジナルはんこ♪

 

 

無地のそえぶみ箋にオリジナルはんこを一押し♪

↓↓↓

そえぶみ箋にオリジナルはんこ

左から、ブロンズ、シルバー、ゴールド、紫

 

 

これまでのクラスでは太ペンを使って練習してきましたが、応用クラスでは、細筆ペンをメインで使うようになります。

 

応用1、2共に、文字がかなり小さくなるためです。

 

前回、Lesson3のときは、一枚描き上げると「ふぅ~!」とため息つかれていましたが、今回は割りとスムーズに描かれていた様子。

 

前回と何が違うかをたずねてみたところ、「手の力が抜けたから、描きやすくなったかも」とのことでした。

 

老眼でも大丈夫!

さて、「なぬ?細かい文字?老眼が・・・」との心配がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ところで、筆文字を教えていて思うこと。

 

それは、細かい作業が好きな人は、見えにくかろうが、何だろうが、細かい作業を好んでされるということ。

 

だから、「老眼の私には、細かい作業は無理」というのは理由にはなりませぬ( ^ω^ )

 

昔は好きだったけど、躊躇するなぁ・・・と思われているなら、勇気を出してお越しください。

 

講座の中では、目のトレーニングもしっかり時間を取って行っています。

 

見えにくくてもできる方法を、一緒に見つけていきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました