魂込もった言葉は胸を打たれ、魂込められた商品やサービスは本気度を感じられる

花 人生100年 持続可能な働き方

 

魂込めるとは、無いものを無理やり詰め込むのではなく、かっこよく装飾されたものを詰め込むのでもない。

 

何のとらわれも価値観の植え付けもない状態の本来の自分なら、どう存在するか?どうするか?

 

その表現の形が文字や言葉であったり、商品やサービスであったりが、魂込められている状態なんだと思う。

 

人の評価や周りの視線を気にして演出の仕方を決めるのではなく、ありのままの自分で存在すること、その表現の形が魂込められている状態なんだと思う。

 

そんなありのままの自分の存在の仕方は、自分の内側から湧いてくる言葉を書いて書いて書きまくることでみつけられるようになる。

タイトルとURLをコピーしました