人に依存する「共依存」は克服できる

花 魂を輝かせる方法

 

春名恵です。

 

毒親、モラハラ親、アダルトチルドレン、共依存などに関連する記事を10月からいくつか書いています。

 

他の方のブログですが、こちらもとても参考になったのでシェアします。必要な人に情報が届きますように。

 

幸せになるにはいい人をやめるといいよ。【共依存症を克服】

 

共依存って知ってますか?共依存とはどんな状態なのか?チェックしてみよう。

 

私も共依存だった

私も共依存やったんやなと、この記事を読んで気づきました。

 

今は、人への依存(人に自分の価値を決めてもらうことで安心感を得ることの執着)はだいぶ卒業していると思います。

 

10代後半ぐらいから加藤諦三さんの本(心理学)を心の拠り所としていたり、20代前半にカウンセリング講座へ通っていた私は、当時はまだ毒親、モラハラ親、アダルトチルドレン、共依存、生きづらさなどの言葉もなく(あったかもしれないけど、心のことをオープンに語れる時代ではなかったと思う)、自分が人とは何か違っておかしいとは思っていたんですね。

 

何かおかしいとは思うけど、何がおかしいのかが分からないということの答えが、上記の共依存の記事に書いてあった感じです。

 

 

共依存という言葉もつい先日知ったぐらいなので、結果的に私は別の方法で克服していたことになります。

 

それが、2009年春にヒプノセラピー(催眠療法)を受けたことからはじまり、その後コーチング、エネルギーワーク、ヒーリングなどを受けたり学んだりする中で、親や周りの大人にいろんな価値観を植えつけられる前の、本来の自分を少しずつ取り戻していったことでした。

 

共依存の克服が目的ではなかったですが、結果的に共依存を克服していたのでした。

 

身体に魂を戻す

私が常々「本音で生きよう」「自分が本当に大切にしたい価値観を大切にしながら生きよう」「本当に自分が望んでいることを行動に移そう」と言ったり書いたりしているのは、親や社会、他人の価値観・正解で生きてきたことで、「自分がどう思っているのか分からない」「自分がどうしたいのか分からない」と自分が感じていたからとも言えます。

 

無理に人と合わせたり、言いなりになることでしか自分の存在価値を見出せなかった私にとって「自分が本当に大切にしたい価値観は何か?」を掘り起こしていく作業は、魂が抜けたもぬけの殻状態だった身体にちゃんと魂が入り、身心魂(Body・Mind・Spirit)がつながった状態で生きられるようになるために欠かせないものでした。

 

「自分が本当に大切にしたい価値観は何か?」を掘り起こしていった先に、この人生を通じて実現したい想いに気づけたり、自分が好きだったことを思い出したり、今これをやってみたいと思ったことにチャレンジしてみたりがしやすくなります。

 

葉っぱだけだとフワフワ飛んでいってしまいますが、土台がしっかりあって木の幹があり、枝があった上で成る葉に養分が行き渡ることで、この木が何者かの全体像が分かってきます。

 

「自分が本当に大切にしたい価値観は何か?」に気づくことは、自分という存在の土台=基礎 をしっかりさせることになるんですね。

 

共依存を克服するために

空っぽの身体に魂を戻し、身心魂(Body・Mind・Spirit)の三位一体を意識して生きること。

 

それを心がけることが、人への依存である「共依存」を克服する一つになるのかな?と、ここまで書いてきて思いました。

 

<参考記事>

依存体質なら依存先を分散させよう

タイトルとURLをコピーしました